あすみとモラハラ夫との13000日

モラハラ夫と暮らす悩みと苦しみを綴ります

2019-09-30から1日間の記事一覧

私は道化師

「こんにちはーお久しぶりー」校庭に止めた車から降りようとしていた時、向こうからゆっくり歩いてきた彼女は、夫の下で働いていた元部下の奥さん長男と同じ年の女の子が「同じ高校だって」 と夫から聞いたのはもう、一年前の入学式の前だった。 そのときは…