あすみとモラハラ夫との13000日

毒親育ち モラハラ夫 エッセイブログ

モラハラエッセイ

母のマネハラが始まったきっかけ

自分の行きたかった憧れの大学でも、将来何をしたいのかわからないまま、ただなんとなく企業に内定を決めたり、(入学したけど・・・何か違う)と感じたり、他にやりたいことがあったんじゃないかと迷ったりして、中退するのは、今の時代 珍しくはない。 一…

母のマネハラの始まり

今まで、何か賞をとっても、音楽コンクールの伴奏になっても、さほど喜ばなかった母が、金融関係の会社に内定したときは、見たことないくらい大喜びした。卒業3週間前のギリギリの内定。 就職指導室の先生が、 「積極的なあなたが、何で残っているのかよく…

思うようにならない未来予想図

都会の大学に行った教会の上級生達は夏休みやお正月休みには帰ってきた。男子学生は少しだけかっこよくなって帰ってきたし、女子はお化粧もしだしてなんだか垢抜けて帰ってきた。あの美しい慶子さんも。黒っぽい地味なお洋服ばかり着ていた慶子さんが、お化…

モラハラ母のいた家 兄と私の進路

私はそのまま、付設の短大に進んだ。 「短大卒業したらすぐ働いて、家にお金を入れるのよ!」 もうずっと言われ続けていたこと。 「佐藤さんは、どうするの?進路は・・・」みんなそれぞれ進路を決定する夏頃に、気にかけてくれていた先生が、教会の礼拝後、…

モラハラ母に飼い慣らされた兄

季節はとどまることなく移りゆく。上級生を送りだした教会は、若い人の人数が減って少し淋しくなったけど、残った私達で変わらずのいつもの教会行事に勤しんだ。それに、すぐに夏休み、みんな帰ってきた時にはまた、みんなでキャンプに行く予定。 家では、兄…

上級生達の卒業

教会で出会った2年上の上級生達はみんな、志が高い人が多かった。私が、教会を訪ねた時には、すでに自分達の夢や進路を具体的に語り出していた。憧れの慶子さんはマスコミ関係。 やっぱり綺麗だもんなあ、頭も良くて・・・本当に憧れ。それに他校の男子生徒…

何を着ようかと思い煩うことなかれ

教会に行くようになってから、田村さんの手前なのか、母が以前より、私の洋服を気遣うようにはなったが、なにしろそれまでずっとお下がりばかりで、洋服のストックがない。買うのも追いつかないので、母は相変わらずまた、自分用に買ってきた洋服を1、2度着…

教会で出会った彼女

私が、基督教会へ足を運ぶようになったのは、学校の礼拝より遅く始まるから、朝ゆっくりできる。また、学校は制服で行かなければならないが、教会は私服でよい。そんな理由から。そして、もうひとつ。学校ですれ違いざまに見かけた2つ上の上級生が、その教…

母からモラハラを受けていた私が支えられた場所

家では、単身赴任で父親不在の期間が長く、たまに帰ってきたときくらいは、楽しそうに家族みたいに晩御飯も囲んだが、また仕事に行ってしまうと、母は期待を懸けている兄とばかりお喋りし、2人の中に入ろうと、話しかけても、母はめんどくさそうに、じろりと…

モラハラ母の微妙な変化

私が夫のモラハラに堪えていけるのは、モラハラ母に育てられたからと、母との確執を思い出しながら書いています。 高校生になってから・・・いや、きっと私が教会を覗くようになってからだ。 今まで、私の洋服と言えば、1年に1度、祖母からもらったお金で…

モラハラ夫の逆鱗 その3

昨日はモラハラ夫の最近の逆鱗①と②について触れましたが、今日も逆鱗 私、仕事先がとても近くて、でももちろん交通手段は車ですが、お昼休みは自宅に帰ってごはんを食べるようにしてるんです。そしてソファーに横になって、少しお昼寝 もう、還暦近くて、体…

モラハラ母のいた家 祖母の苦言

それにしても、私の着るものは、兄やからだの大きい子のお下がりばかりで、買うのも、年に1回くらいだったのに、高校生になってから、たびたび洋服も買ってくれるようになったのは、どうしてかな・・・今まで、我慢していたから、普通になっただけなのかな…

長く培われたモラハラ耐性資質

母はお料理、ケーキ、洋裁、編み物、何をやっても、器用で上手だった。クリスマスにはチキンやケーキをパスタを作る時には、イタリア製のパスタマシーンをわざわざ購入して、生地から作った。ちらし寿司を作る時には、塗りの寿司桶を名前入りで特注した。 そ…

モラハラ母の思い出の洋服たち ベルベットスカート

私はお洋服の素材の中で、艶やかでゴージャスなベルベットが大好き。ピアノ発表会はいつも夏の終わりにあったので、レース素材が多かったけど、もし、冬に発表会があったら、間違いなくベルベットで、と母に頼んだと思う。そんなある日に「見てん これ!」と…

モラハラ母の思い出の洋服たち 白いコート

昔から、家族でお出かけしようと言われて、期待ばかり膨らませては、直前になって「用事ができた」や「気が変わった」などの理由で、計画がおじゃんになることが多かった。 最初から本当に出かける気があったのかとさえ思う。 だから「あすみのコートを作っ…

モラハラ母の思い出の洋服たち

兄や真理ちゃんと、公園で遊んでいる写真を見ると、たぶん余り布で母が縫ったんだろうなあ と思うようなチェックのジャンパースカートや、ベージュのちょっと厚みのある生地で作ったワンピース。何の模様もないから、きっと母があとから、花壇にお花が咲いて…

モラハラ母のワンピース

母はとても器用なひとだった。頼まれた洋服を仕立てる合間に、ちょこちょこっと自分のワンピースやらを縫って、余り布で私のものも作ってくれた。 「いいね~あすみちゃんのお母さんは洋服が作れて」友達や、友達のお母さんもそう言って褒めてくれて、私は、…

モラハラ母との写真

私は、小さい頃から、家のルールで締め付けられていた。前にも話したけど、小学校4年生まではおこづかいは月に300円。その中から学校で使う消しゴムやノートを買わなければならなかったので、文房具は大事に使った。5.6年生になってから、母に交渉して月に50…

モラハラから逃れるために違う環境に飛び込んでみる

なんだか、モラハラ夫は、何かにつけてイライラし、キレるところを探しているような蓄積期に入ったような気がします。 コロナウィルスで、各地の観光都市も人がまばらだそうで・・・ 景気の冷え込みも免れそうにないですね。 大学生は頑張って就活したのに、…

モラハラ母は買い物依存性だった

母が亡くなってから4年が来ようとしています。父を引き取るのに、実家を売却、家の中の断捨離をしました。 もともと、両親が片付け魔だったので、家の中はすっきりしていましたが、それでも、50年住んでいた家ですから、沢山の荷物を処分。 父が判断に困った…

モラハラ母と同じ感覚の彼女

たくさんのアクセス、ブログをお読みいただきありがとうございます 今日、夢に亡くなった母が出てきました。 夢に母が出てきたのは初めてかもしれません。亡くなったのは83才でしたが、夢に出てきた母は、ちょうど、私くらいの歳だったような気がします。相…

モラハラ母は不要品を送りつけてくる 2 ささやかな仕返し

たくさんのアクセスをありがとうございますm(__)m 夫にモラハラを受けるようになったのは、私の幼い頃の生い立ちや環境に原因があるかも知れないと、気持ちを整理するためにも、モラハラ母とのことを綴っています。 モラハラ母は家で出た不要品を何も言わず…

モラハラの母は不要品を送りつけてくる

たくさんのアクセス、ブログをお読みくださり、ありがとうございます。 何故、夫や実母にモラハラを受けるようになったのか、幼い頃の生い立ちと環境を思いだしながら書いています。 私も、他の方のブログへよく、お邪魔しています。 書いているブログが『モ…

家族の幸せ

お姑さんは、モラハラ夫を製造(笑)した超本人ではあるけれど、お姑さんには、本当によくしてもらって心から感謝している。 お姑は、亡くなったお舅の身の回りの世話を甲斐甲斐しく努めたように、義姉や夫にも、何か物事に「いや!」と言われれば、すぐにそ…

モラハラ母の長所を思い出してみる

夫にモラハラを受けても我慢できているのは、長年、実母にモラハラを受けて忍耐強くなっているのが原因かも知れない と、ここのところは回顧録として、私が育った環境や生い立ちを綴っています。 モラハラ母でしたが、そんな母親でも、『ここは良かった』と…

モラハラ母のいた家 何十年も前の悲しい歯の記憶 3

今日は気になるモデルさんの話しをしようと思う。まだ彼女が20代後半だったかも知れない。背はすらりと高く、とにかくスレンダー、顔がちっちゃくて首も細~い。母親は著名な作家で、父親が外国人という。 彼女のエキゾチックな顔はやはりハーフだからだろう…

母となり38年の年月を経て気づかされたある出来事 2

末っ子が4年生になった9月連休、帰省先から戻ってきた。 まもなく我が家に到着する手前で、車窓から公園で友達が遊んでいる姿を見かけて、息子は遊びたい気持ちがはやったのだろう。 外から帰ってきたら必ず、手洗い、うがいをすることを家の習慣としていた…

母となり38年の年月を経て気づかされたある出来事

歯の治療は、1ヶ所を1ヶ月ぐらいかけて治療をすると、また、1年後、1年半後に違う箇所が痛みだし、その度にまた、麻酔をかけて、削る→根っこの治療をする→型をとる→被せるを繰り返し、いまだに歯の治療を続けている。どこの歯医者だったか忘れたが、「この…

モラハラ母のいた家 モラハラされないようにするため話題を忖度する

続き父が私の顔を見たのは、仕事先から帰ってきた翌日のお夕飯の時だった。「あ~あ~台無しじゃなあ」私は目を伏せたままご飯を食べていた。目の前には眉間に皺を寄せて口をへの字に曲げた母の顔がある。また、目を伏せた。 明日から学校 学校で、いじめっ…

モラハラ母のいた家 何十年も前の悲しい歯の記憶 2

モラハラ母のいた家 何十年も前の悲しい歯の記憶 続き どこを怪我したのか、傷が痛いのか、心が痛いのか わからなかった。 大泣きしながら何か口の中にたまって、ペッと唾を吐くと園の砂地に真っ赤な血が飛び散った。またびっくりして大泣きした。 「大丈夫…