あすみとモラハラ夫との卒婚生活

モラハラ夫  卒婚生活 カサンドラ

呟き

自分の来た道を振り返る

今日は最高に楽しい1日、胸いっぱいになりました。 37年ぶりに会った恩師との再会で、通っていた教会の礼拝に出席しました。 集まった高校時代からの友達や先生と久しぶりに会い、おしゃべりに花が咲きました。 牧師先生との再会はなんと37年ぶり。 若い頃…

帰省でお姑を訪ねてみた

今日はめちゃめちゃ歩いて足がパンパンになってしまった(笑) 朝早くアパートを出発して、帰省してます。 予報は曇のち雨だったのに、穏やかでとっても良いお天気。 お墓のあるお寺近くにホテルを予約。 荷物を預けてさっそくお墓参りに・・・ その前にお腹…

訃報ばかり

また同年代の俳優さんが亡くなりました。 渡辺徹さん、敗血症だそうです。 ニュースで知った時には衝撃を受けました。 渡辺徹さん61歳。年が近くて。 松原千明さんも亡くなったばかり。 この前、社宅で仲良くさせてもらっていた友達夫妻のご主人様は63歳…

婦人科検診とこれからの事

今日は市の検診へ。 この前から歯医者にも行きはじめました。 モラハラ夫とのこれからの展開に体調を整えておかなければ、なりません。 本当に、モラハラ夫との離婚は体力も精神力も消耗します。 来月2回めの婚姻費用分担調停がありますが、クリスマス前。 …

喪中はがきが届く季節

この時季になると、喪中はがきが届く。 昨年から親しい友達には、LINEで新年のご挨拶をすることにしたと連絡したからか、長くお付き合いのあったママ友から、『新年のご挨拶を失礼します』のLINEが届いた。 はがきだと一方通行になるが、そのLINEをもらって…

今から応援!  これからの暮らしを考える

ジャパン、キックオフまであと30分 今日は時間も早いし、途中で切らずにしっかり最後まで応援したいと思います! お野菜をいただきました。 息子と2人暮らしでは食べ切れないので、自宅のある団地の友達に配ってきました。 話題はワールドカップの話しに…

理想の終の棲家

昨日から自宅に戻ってます。 ファンヒーターをつけるとすぐに暖まって快適 今年から社会人になった息子に送るためのおかず作りも捗ります。 近所の奥さんところにお孫ちゃんが生まれたそうで、最近までお手伝いに行っていたみたい。 遠方のため、再々行かれ…

自宅に戻る

今日は久しぶりに自宅に戻ってモラハラ犬タロと留守番です。 自宅はアパートと違って、天井が高くて広く、 そこそこインテリアや照明器具も凝ったつもりなので、部屋の角から撮るとこんな感じに。 広いからか(さむ〜っ)と思い、すぐにエアコンのスイッチをい…

モラハラ夫とバッタリ

今日はなんだか疲れて、アパートで一休みしてから父のマンションに遅れていった。 自宅のある団地を抜けて行くと夕方、夫がタロの散歩をしている時にバッタリ会うことがあるので、いつも遠回りしていたが、少し時間を遅らせていたことでつい油断してしまった…

アパート更新料の知らせが来た(⁠ᗒ⁠ᗩ⁠ᗕ⁠) あれから2年

アパートの更新料の請求が来た。 (⁠╥⁠﹏⁠╥⁠) 20000円たかっ! それとは別にアパートの火災保険の請求も。 22000円たかっ! 合わせて42000円たかっ! アパートに引っ越してきたのは2020年12月末。 あれからもう2年になるんだ・・・ なんか、凄まじかったけど…

守られない命

また幼い2歳の子が車の中に置き去りにされて亡くなってしまいましたね。 保育園側も、「来てませんけど?」の連絡を入れていたら助かっていた命では・・・ 夏に保育園のバスの中に取り残されて4歳の女の子が亡くなる事件があったばかりです。 最近も小学1…

使命と寿命

喪中はがきが届いた。 新婚の頃によく一緒に出かけたご夫婦のご主人様が亡くなられた。 びっくりした。 何年か前に、ご病気を患って療養していたらしいが、まだ60過ぎたくらい。 毎年、家族で写した写真付きの年賀状が届いていたから元気な姿のイメージし…

感性が違うのか

来月、2回目の婚姻費用分担調停まで、しばらくあります。 春には娘の結婚式もありますから、婚姻費用を受け取りつつ、すんなり離婚に向けて水面下で動いていきたいと思ってますが、それに向けて実際、何をしたら良いかはわからないです。 今日も月がとても綺…

おまえは能が無い

今の仕事をハローワークで見つけたのは52歳でした。 「早く働かないと僕たちの老後はないよっ!」 とモラハラ夫にそう急かされて、急いで仕事探しを始めました。 前の年に夫は高級外車を買いました。 「そんなお金があるんなら、学費に回してほしい〜」 と…

これはきっと背中を押すメッセージ

昨夜、懐かしママ友から電話をもらった。 何年ぶりだろうか。 夏に共通の友達が亡くなってから、LINEではやりとりしたが、その時にはお互いにしゃべる元気がなかった。 あれから4ヶ月経った。 まだまだ、思い出しては涙してしまうが、亡くなった友達は、「悲…

お互いにひどく疲れていた

初めてのことで、気を遣ったのか、アパートに帰ってから爆睡してしまった。 テレビはつけっぱなし、電気も煌々とついて、なんか、ミステリーみたいなドラマのセリフが時々聞こえたが、電気代も気になりつつ、もう、眠たくてどうでも良かった。 外は雷の鳴る…

護身術

「小川さんはいつもニコニコ笑って幸せそうよ」 近所の人にも言われたし、いつもみんなに言われる。 仕事でいろんな人に合うから、確かに今は楽しいけど、私が、いつも笑っているのは、それが私の護身術だったから。 実の母は間違いなくモラハラ母だった。 …

あさイチを見て

さっき、自宅に晩御飯をつくりに行って、犬の散歩もして、アパートに戻ってきました。 アパートにはビデオがないので、NHKプラスに登録して、見逃した配信で、今日放送された 「モラハラ夫から逃れた妻たち」 - あさイチ - NHK を見ました。 なんか、自分が…

不気味なモラハラ夫

6日の夜にものすごい剣幕で電話をかけていたモラハラ夫。 翌々日に車で迎えに行った時には、何事もなかったように上機嫌だった。 ブチ切れたことで、別人格に成り代わったみたいに。 こんなことはよくあった。 「俺は仕事をやめるからなっ!学費はおまえが…

やっとここまで辿り着いた

考えてみると、夫と結婚してから、ずっと夫の事で頭の中がいっぱいになっていた。 どこで、爆発するかわからない夫の食事作りは、新婚当初、山あいの社宅に入って買い物もままならず、車の免許を持ってなかった私は、田んぼのあぜ道を片道25分かけて、買い物…

ひとつ駒をすすめる

夫がモラハラ夫だと知ってから5年の月日が過ぎた。 第一部上場企業の管理職として長く務めた夫は、物腰も柔らかで、ニコニコして頭が低く、面白い冗談も交えて喋る話題も豊富でママ友達に受けが良かった。 家の中の夫は、出された食事が気にいらないと、文句…

転んでもただでは起きない私

ベッド代わりにしているニトリのソファベッド。 昨夜は眠ろうとしているのに、錦鯉の長谷川みたいになってしまった歯のことをいろいろ考えていたら、なかなか寝付けなかった。 そんなことで、スマホにかかってきた電話に気づいた時はまだベッドの中で、8時半…

焦っているモラハラ夫

いつもの歯科医に電話をするも、営業中にも、かかわらず、すでに留守電になっていた。 直接行ってみたら良かったかなあ。 入れ歯を支えていたたった1本の糸切り歯が抜けて、お笑い芸人、錦鯉の長谷川状態になっている私の歯。 コロナ禍でマスクをしているか…

何という衝撃!

「俺はもう仕事を止めるからなっ!学費はおまえが払えっ!」 とモラハラ夫が言い放ったのは今から3年前の夏。 三男の私立大学生活をまだあと2年半残してのこの暴言。 「はあっ?生活はどうするの?私ひとりじゃ生活できないよ?」 「知るもんかっ!自分で考…

次に何が起こるか

仕事があるおかげで、余計なことを考えなくていいから、本当にありがたい。 仲の良い夫婦なら、豊かな年金で、旅行に行ったり孫ちゃんのめんどうを見たり、趣味のお出かけをしたりできるのに、そもそも奥さんが楽しそうにしているのが、許せないモラハラ夫。…

早く他人になりたい

本音を言っても伝わらない 本音を言えば歯向かったと取られて激高する。 だからご機嫌を見ながら自分の気持ちに蓋をして、あらゆることに細心の注意をはらいながら、とにかく怒らせないように務める。 そんな無理なことを長く続けてきたから、もう、適応障害…

これは始まりに過ぎない

昨夜は漆黒の空に冴え冴えとした月が浮かび、お出かけした友達と「綺麗だねえ」としばらくうっとり眺めていました。 これはほんの始まりにしか過ぎない。 この次は、すべてのものから解放されて、心の底から「あああ〜綺麗だなあ」と見上げることができます…

狼狽えるモラハラ夫

今日の夜はいつものママ友4人でお出かけ予定。 お天気になって良かった~ モラハラ夫が昨日からお姑の様子を見に帰省したので、自宅に戻ってモラハラ犬タロと留守番です。 人恋しかったのか、私の姿を見ると思いっきり尻尾を振って飛びついてきた。かわいい…

1日過ぎて

昨日は本当に疲れた。 大きく開けているつもりの目は半開きで、瞼が重い。 人は疲れると、生気のないくしゃくしゃな顔になるんだと思った。 笑う顔がどんなだかも忘れた。 口角をあげて笑顔を作るだけで、幸せがやってくる、そう聞いたから無理やり口角をあ…

コロナの後遺症

一昨日、学生時代にお世話になった牧師夫妻が来訪されるという知らせが届き、早速、東京のゆみ子に知らせた。 「お盆休みは帰るの?」 と言うメールが来て「お盆休みとれない」というやりとりをしてから連絡してなかった。 外資系企業で通訳と翻訳の仕事に携…