あすみとモラハラ夫との13000日

毒親育ち モラハラ夫 エッセイブログ

毒親育ち

取れない歯ブラシ

今日も歯医者今年はもう、2月に歯が折れて、50000円かけて、歯を入れてから、すぐに左奥歯が割れ、その隣が、また駄目で2本抜いて、根っこの治療と、落ち着くまでの歯周病治療で、5月からずうっーと通い続けている。タイムマシンで、昔に戻れるなら、あの…

きっかけはあの人が言ったこと

夫はあれから、増毛スプレーを外に出て振り撒くようになったので、お風呂場がそれほど黒くならなくなりました。良かった~ www.hyumama.com モラハラ夫は私の言うことは聞いてくれませんが、(下僕 家来なので)子供の言うことはよく聞いてくれます。 4人の子…

毒母から搾取されていた三浦春馬さん

帰省して、お墓参りを済ませた後に今はもう人手に渡ってしまった実家を見に行った。 学校遠足でも訪れる公園の傍にある実家 。近くまでくると、複雑な思いが甦る。静かで風光明媚な場所だが、それはもう、子供の人数がぐっと減ってしまって、寂しい場所にな…

いじめっ子だった私

昨日は、どこも出かけなかった子供の頃の夏休みを書いたが、あれからまたさらに、どんな風に過ごしていたか、思い出してみた。本当にどこも出かけない家族 でも、2回ほど、お墓参りでおばあちゃんのお家に泊ったことを思い出した。従兄弟も来ていて楽しかっ…

幼少の頃の長い長い夏休み

今年はコロナで学生さんは夏休みが短いのだろう。夏休みはいろんな経験ができる時なのに、かわいそうな気がする。7月20日前後に、子供達は通知表をもらい、長い夏休みに入る。 子供達の夏休みはどんな風だっただろう。少し前のことなのに、すごく忙しかった…

籍を抜いた兄 後編

終身雇用が崩壊した現代では、大学中退や高卒ということがそれほど人生に影響するとは思えない。が、しかし、当時はまだ、『大学さえ卒業していれば・・・』という神話がまかり通っていた時代。父は真面目な公務員、『大学さえ出ていれば」という思いは強か…

籍を抜いた兄 前編

お風呂に入る時にプラスチックバスケットに必要な入浴用品を入れて入浴時にそれぞれ持ってってもらおうと、綺麗にした洗面所の戸棚を整理していた。ここには、タオルの類いや、薬箱、さッとしまえるようにバッグを入れる空きスペースを作っていたり、棚のひ…

今年に入って買ったもの♪

昨日は歯医者でした。 今年に入ってからお茶碗の縁に当たっただけで前歯が折れ、指を骨折、また奥歯が割れて歯医者通い。5月中旬からずっと根っこの治療を続けていたけど、昨日、ドクターから最後通告が・・・。「長く根っこの治療してるんですが、病巣が大…

モラハラ人間に効果的 気持ちを掴ませない

自分らしさを取り戻すために、家の片付けと掃除をはじめたら、この前からモラハラ夫に変化が見えはじめました↓ www.hyumama.comwww.hyumama.comwww.hyumama.comモラハラ人間(実母も)は、ターゲットを支配、管理下におきたいという特徴があります。 ターゲッ…

希望へ繋ぐ治療

歯医者から帰ってきた。左奥歯がある日突然痛くなり噛めなくなってから歯医者に駆け込むと「歯の根っこが割れてますね」今年に入って前歯が折れたかと思うと、その後、奥歯。それに「まだ割れそうな歯が何本かありますね」そう言われて落ち込んだ。「これは今…

喪服のマイヒストリー 今思い出しても恥ずかしい出来事

夜中に飼い犬のタロが吠えはじめて、近所迷惑なので、家の中にいれました。何回もあるんです。 ほんとうに迷惑な犬 それなりに可愛いですが。 こっちは絶対に嫌だと言って反対したのに、「飼いたい!飼いたい!」と言って駄々っ子みたいに聞かない夫がタロの…

モラハラ夫の大切な役割

4人の子育ては今、考えても過酷そのもの。 実家の母は、娘に子供が生まれても、顔さえ見に来なかった人。 1人目は里帰り出産だったが、2人め以降は上の子の学校のこともあり、実家には帰らず、自宅での生活になった。 子だくさんで大変だったのに、当然手伝…

派遣社員としてもらったボーナス¥50000で買ったもの

周りのママ友さんからは 昔『セレブママ』とか言われていたのに、今は手取り11万円の派遣社員50を過ぎて本気の就活とか・・・「子供の学費がいるのに、早く働かないと学費が払えんぞ」・・・そう言われて15年の春から働きはじめたのに、モラハラ夫は1年を残…

モラハラ母に放っておかれた子供時代

2月には前歯が折れ、そして先月GW明けくらいから奥歯が痛み出して、歯医者に行ったら「割れてますね」と言われてまた歯医者通い。私が今までに歯に投資した額は、ちょっとした国産車が買えるくらいかも知れない。 毎週毎週通っているのに、まだ根の治療が終…

モラハラ母と歩んだ林さんという女性

母と林さんとは親子のように仲が良かった。www.hyumama.comwww.hyumama.comwww.hyumama.comwww.hyumama.com でも、母が亡くなる前には、電話も繋がらなかった。 兄が着信拒否をしていたように・・・あれだけ仲が良かったのに、余程のことがあったにちがいな…

モラハラ母の晩年 臨終

「おばあちゃんが、救急車で運ばれたよ」 子供達がとても動揺した。「えええ!」運ばれて応急手当をしたら少し持ち直したと父から聞いたが、子供達はいてもたってもいられない様子だった。「帰ろうか?」私は病気の母よりも、母のことでひどく落胆した父が心…

モラハラ母の晩年

晩年の母の姿は憐れなものだった。暮れとお盆には帰省していたが、最初は飛ぶように売れたマルチの1組50万円のお布団も、売れなくなって在庫を抱えるようになっていた。かつてお店だった隣の部屋は倉庫と化し、縦に積み重ねられた大きな箱で、昼間でも窓か…

人それぞれの母の記憶

緊急事態宣言が解除され、戻ってきていた子供はまた、それぞれの地に戻って行った。娘と末の男の子は仲がとてもいい。 なにかあるとすぐにラインでやりとりしたり、近くの団地を2人してジョギングしたり・・・どんな話をするんだろうと思うが、お喋りは尽き…

残された時間に気づいたモラハラ母

母が亡くなる何年か前に、急に100万ほどのお金を振り込んできた。 「あんたに何もしてあげんかったからね」 と、電話してきたのは父だった。 父は昔からお金のことは母任せ。 僅かなお小遣いをもらっても、貧乏育ちだった父はそれが普通と思う人だ。 自分が…

モラハラ人間は周囲の人が自分に忠誠を尽くしお金を差し出すのが当たり前と思っている

亡くなった母は、買い物が好きだった。学校から帰ると百貨店の外商担当のいつもの女の人と、たまには男性も来ていて、大抵、宝石類が広げられていた。 母は本当に宝石が好きだったんだと思う。日頃から長い爪にピンク色のマニキュアを塗った薬指に大きな色石…

みんなマネハラを受けていた家族

父は幼少の頃に両親を亡くし、歳の離れた兄と姉の収入でなんとか暮らしていたという。昭和一桁の人は戦後の動乱を生き抜いてきた強さがある。 父も間違いなくその1人。無駄を嫌い、使えるものはその命が果てるまでとことん使い、新しく次を買う時には、それ…

モラルハラスメント人間といると自分の役回りがなぜか我が儘で身分が低い位置付けになる

百貨店で婦人服の店長を止めてから、自宅をサロンにして商売を始めた母、この時の母が1番楽しそうでしたね。私はもう、結婚して実家を離れていたので、お盆休みお正月、GWなどを利用した時にしか実家を覗くことはなかったのですが、いつも誰かかれか、友達…

モラハラ人間は人に感謝すると言う発想そのものがない

モラハラ夫 モラハラ妻で困っている人はみんなそうでしょうけど、『子供』のことを考えるからこそ、臥薪嘗胆の気持ちで頑張っているだけです。夫婦なんてひとつ屋根の下に暮らしていくのに、お互いに尊重しあい、労いあい、お互いに「ありがとう」や「助かる…

モラハラ母 悲しい歯の記憶4

また歯が痛みだした。歯は、この前、前歯が折れてジルコニアを入れたばかり。 私の歯はしょっちゅうさわっている歯にまつわる話は幼少の時に始まった。www.hyumama.comwww.hyumama.comwww.hyumama.comwww.hyumama.comwww.hyumama.comwww.hyumama.com 本当に…

モラハラ人間と食育

時々、老人専用マンションに住む父のところへ、作り置きしておいたお惣菜とお味噌汁を持っていく。今時分なので、どこのスーパーにもお惣菜くらい売っているが、お味噌汁はカップに入っている乾燥みたいなレトルトしかないので、煮干しと昆布でお出汁をとっ…

モラハラの母に育てられた兄妹

親しくもない人と面と向かって話をするのが、本当に苦手だった実の兄。それは、母が自分の思いどおりに兄をコントロールしたいがために、他の人との接触を阻んできたせいだ。 私にもそうだった。 連れてきた友達やお家の人の悪口を言って、交流を無くそうと…

モラハラ母 記憶に残る呆れた言葉の数々

母の日が近いので、どうしても亡くなった母の嫌なことが思い出されて・・・ どうしようもないので、ここに吐露しています。 母はいつも思ったことをストレートに相手にぶつけます。 それが相手を傷つけているかどうかなんて考えてもいません。 いちいち傷つ…

母の日に想う

私にも、4人のうち2人から母の日のプレゼントが届きました♪忘れずにいてくれるだけで嬉しいですね義母には、「果物がいい」と言われたので、あまおうの苺と、『お母さん元気で長生きしてね』のカードをおくりました。カードは義母が結婚してから毎年、私に…

不思議な声

今朝はとても不思議な感覚で目が覚めた。まだ辺りは薄暗く、人の話し声のような気がしたから、(こんなに朝早く誰がお喋りをしてるんだろうか・・・) 目を半開きにしたところで、まだ起きるような時間ではないような気がしたから、また目を閉じた。そうすると…

母の日が近づいて思い出すモラハラ母

もうすぐ、母の日。実母は4年前に亡くなったが、お姑さんは少し痴呆が入っているが、まだ元気でいる。義母さんは、嫁の私にも、また、4人の子供達にも、誕生日の当日に届くよう、必ず誕生日カードと、お祝いのプレゼントや、お祝い金を送ってきてくれた。今…