あすみとモラハラ夫との卒婚生活

モラハラ夫  卒婚生活 カサンドラ

父のこと

モラハラ夫と結婚したのは私自身が手繰り寄せた縁らしい

晩御飯を持って父の所に行ったら、もう、お得意の野菜炒めを作っている最中だった。 今日は買い物に出かけたみたいだ。 ガラ系の歩数をチェックしたら、2268歩。 ここに連れて来た時に比べたら歩数は3分の1になってしまったが、夏に圧迫骨折になり、ベッドの…

モラハラ夫とは家庭環境が違い過ぎた

週末は接客業で普段、食べられない大蒜たっぷりのメニューを選ぶことが多いが、明日、人と会うため、今日は控えることにした。今日は無性にカレーうどんが食べたくなり、私だけカレーうどんに。息子はまだ帰らないが、昨日、焼いておいた、焼きサバや、れん…

半年分の疲れ その訳

今日は、足が浮腫んでいた父の血液検査のために、病院に行った。ただ、連れて行くだけだったのに、なんか、半年分の疲れに匹敵して、アパートに帰ってからしばらく放心状態になってしまった。何でこんなに疲れたんだろう。まずは、病院が午前中だけの今日、…

父の心配事

さっき、父のところに晩御飯を持って行ったんですけど、もう、すでに自分で野菜炒めを作ってたべてました。どうやら買い物に行ったみたいです。ガラケーの歩数を確認したら、2000歩近く歩いていました。圧迫骨折をしてかは3ヶ月、最近は近いところから散歩が…

話題は介護、年金、老後の貯蓄

歳周りの近い同僚との話題はたいてい、親の介護、もらえる年金、老後の貯蓄の話しになる。少し前まで、話題は子供の進学先の話しだったような気がするが、今、ずっしりと肩に乗っているのは、この3つ。同僚の親御さんはご健在だそうだが、2人して認知が入…

家族の有り様は家族の数ほど

お休みの日は、朝ゆっくり起きて、ブランチリサイクルセンターにゴミを持って行くついでに、出品したものが売れてるかどうか確認して、父の様子を見に行く。晩御飯を持って行くついでにコンビニスィーツをお供にコーヒーを一緒に飲んで帰る。この夏、圧迫骨…

『幸せ』を実感する言葉

今日は父のデイサービスの日。9時半の迎えに、ドタキャンしないように9時前に仕事場から電話を入れた。朝は開店準備で忙しい。合間を見ながら9時前に電話を入れると、意外にもすぐに電話に出た。「今日はデイサービスの日よ、9時半に迎えにくるからね!着…

卒婚生活 9月の家計報告 赤字続きで凹む

月末なので、おなじみ家計報告です。ただブログにあげているだけで、どこをどう削ったら収入内に収まるのかよくわかりません。仕送りしているうちは無理かなと(>_<)今月は、父がデイサービスに行きはじめたことで、上履きや、タオルやらなんやかや、身の周り…

届いたブルーミーのお花と父の様子

仕事のお昼休みにアパートに帰ったら、何と、ブルーミーからのお花がポストに届いてました\(^o^)/ www.hyumama.com 逆三角形の白にチューリップの模様の入った箱に型崩れしないよう、中もしっかり、補整的な折が入っていました。 今日の花は体験で無料。 …

ショック過ぎてくらくらする いっきに食欲が失せた事情

ちょうどお昼休みご飯中に父親のケアマネさんから電話をもらった。父の正式な介護認定が出て、父のところに持っていったとのこと。「ありがとうございました~~~」と、お礼を言って、夕方いつものように晩御飯を持っていった。昨日、自宅に戻って作った豚…

喜んでくれて良かった\(^o^)/

今日は敬老の日。毎日、父の様子は見に行っているのですが、今日はどうしてもしておきたい事があって、朝から父のマンションに行きました。この3日間の連休は、本当にお天気が良くて、昨日まで、自宅の大きな物を洗濯しましたが、今日は、父が寝ている布団の…

認知かっ!高齢者あるある

いろいろ書きたいことはあるけど、今日は朝イチで疲れた事を書こうと思う。 朝イチ疲れたのは一昨日、スマホの電源が入らずに慌てた事。 今日も朝イチから疲れた事。 朝から疲れたくないのが本音。スマホは機会だからどうにもならないけど、父はどうしたもの…

敬老の日に選んだもの

メルカリで敬老の日向けのハガキを見つけたので購入してみました。 父は究極のミニマリスト。 持ち物はその生命が果てるまで使うのを信条としていて、破れた靴下やシャツも繕って着ています。 買った物をあげるよりは、一言添えたハガキが喜ぶんじゃないかと…

こんな日はどっと疲れる

こんな日はどっと疲れる●その1日経平均が30000円に返り咲いた。私の持っている株も急上昇。1年前からじぃーーっとその時を待っていた。待っている時間が長かったので、『欲は言わない!3万円利益が出たら絶対に利確!』などと思っていたのに、株価が上昇、(…

あああ~~良かった♪嬉しい♪

一昨日、尻込みする父と一緒にデイサービスの見学に行ったんです。 その時の感触はあまり乗り気じゃなくて、めんどくさそうだったのですが、今日、はじめて、体験ということで1日デイサービスに連れてってもらいました。 ドタキャンするんじゃなかろうかと、…

あれから2ヶ月

92歳の父親が圧迫骨折してちょうど2ヶ月。 病院に連れてって来ました。 たいていのことは我慢して乗り越えてきた父が、顔を歪めて痛がる姿を見て、尋常じゃないと病院に連れて行ったのが2ヶ月前。 「骨折してますね」 と医者に言われて「ええっ!」と、思わ…

父は要支援 1

昨日、夕方、申請していた介護保険の結果が届いた。父の介護度は『要支援1』洗濯もするし、掃除機もかける。今は腰が痛くてあまり外出をしていないが、1.2度出かけた時に買ってきた材料で野菜炒めくらいは作って食べる。『要支援1』とはどんなものだろう…

モラハラにあっている人には是非読んでもらいたい

まだ月曜日なのに、 もうすでに金曜日の疲れ。こんなので、定年まで働けるんだろうか・・・。昨日、今日と娘が帰って来たのもあり、晩御飯を作りに帰っていた。今日は仕事が終わるとすぐに父のところに晩御飯を持って行き、何か、異変はないかチェックする…

同僚に聞いた過酷な老後の話

職場はほとんどが私より7.8才年下で、娘のような年周りのの人と一緒に仕事をしている。そんな中で、ひとりだけ世代が一緒の同僚。ひとつ年上で、親の年も近く、話はやっぱり親の介護や、年金の話になる。彼女、話の端々で、実家がすごくお金持ちのような事を…

生かされていることに感謝

父が圧迫骨折になってから1ヶ月過ぎ、外出はまだ4.5回程度。 なかなか買い物までは行かなさそうですが、マンションの中はなんとか普通に歩けるようになりました。一時はどうなることかと心配しました。毎日、晩御飯を届けています。 モラハラ夫と違って何で…

普通の事が楽しめる幸せ

先月ヘルニア再発で、ボルタレンの座薬を入れても寝られない日が続き、びっこ引きながら歩いていたが、ここに来てやっと夜もぐっすりと寝られるようになった。トイレに行くのもやっとだったが、圧迫骨折して買い物に出かけられなくなった父に、絶対に晩御飯…

父の様子が・・・

やっぱり、父の様子がおかしい。昨日はよくおしゃべりして良かったのに・・・こうやって人と喋ることが少なくなって、マンションから出なくなり、食欲もなくなって、そのうち私のことも忘れてしまうんだろうか・・・土曜日には朝、病院に連れて行った。圧迫…

忘れていたこと

昨日は土用の丑の日だったんですね(参考写真)ここのところ、目まぐるしい忙しさで、すっかり忘れていました。腰痛のせいで普通に歩けなくなってしまってから、お買い物はネットスーパーにお願いしていて、お店に行けば、『土用の丑の日』なんて、幟がたって…

大切なのは日々の変化を見落とさないようにする事

父が昨日買ってきた餃子を持ちかえって半分焼いて夕方持って行ったら「夕飯もう食べたいわい」と言われた。時計をみるとまだ4時10分。「何で?早くない?」理由を聞くのは、認知かどうか確認するため。「いつも4時半頃食べるよね?」「そうなんやけど、た…

父を失う事が怖い

今日も足が痛くてどうしようもなかったが、仕事には行った。まだ歩き方が不自然で、見るからに痛そうな歩き方しかできなくて、情けないやら、かっこ悪いやら。昼間はなんとか持ちこたえても、夜になり、寝ている間は鈍痛がして、夜中にロキソニンを飲む毎日…

ショックな出来事

痛みが酷くて夜も何回も起きてしまった。「当分かかると思いますよ」とカイロプラクティックの先生に宣告されて、落ち込んでしまった。今日は、なんとかたまっていた洗濯もしたけど、干すまでできずに、息子に頼んだ。暫くは買い物もできないだろう。歩き回…

避けては通れない『老い』

仕事をお休みしたこの数日間、いろんなことを考えた。毎日 腰痛体操して仕事に出かけていたのに、よる年波には勝てないということなのか・・・7月2日に父が圧迫骨折をしてから、病院に連れて行ったり、便利屋さんに頼んでベッドを運んだり、楽天で360度回…

弱り目に祟り目 その2

どうしてこんなに困難ばかりが降りかかるのだろうか。一昨日は、元気を取り戻していたんです。圧迫骨折した父。昨日、朝、電話したら「今からパンを食べるわい」「食べたらお薬飲んどいてね」冷蔵庫に貼ったお薬カレンダーに入れて置いた痛み止めの錠剤4つ…

介護認定で質問されたあの事

市役所から介護認定の方が来てくれました。30分程度、いろんな質問を父に問う形でしたが、『国で定められている質問』と言ってました。(こんなことまで聞くんだ)と言うのが正直な感想でした。介護に関する事ですもんね。オシッコの回数や便の回数「今、何時…

ケアマネジャーさんもびっくり

今日は、父の様子を見に、市の包括センターの人や、ケアマネジャーさんも来てくれて、これからの支援について話をしました。父を支える身近な人といえば、私、そして息子です。モラハラ夫には頼めません。私のお願いは『命令』されたと捉えられるからです。…