あすみとモラハラ夫との13000日

毒親育ち モラハラ夫 エッセイブログ

モラハラ夫は 『探しきれない 』『見つけられない』なのに『ため込む』

スポンサーリンク

「ない!」「ない!」「どこにやったんか!」

何かもの探す時に決まってこのフレーズが飛び出す夫

「何探してるの」
「この間、クリーニングに出してって頼んどいた黒いズボンがないんだよ!どこにしまったんだ!」

クリーニングから帰ってきたら、玄関横のクローゼットにそのままかけるようにしている。
2階にもちゃんとしたクローゼットはあるけど、持ってあがるのがめんどくさいし、とにかく、夫の洋服は古着屋みたいに、山のようにぶら下がっていて見るだけで嫌になる。

「いつものとこにかけてあるでしょ」
「どこかね!ないんだよ!ああ!ちょっと見てくれよ!」
テレビの声が聞こえないくらいの怒鳴り声

苛立ちがマックス

めんどくさーと思いながらソファーから立ち上がり玄関横のクローゼットをみる。
「このこと?」
真ん中らへんにかかっていた黒いズボンをサッと差し出した。

「そうだよ、これだよ!」

「あるじゃん」

小さい声で呟く

モラハラ夫は絶対に謝らないことわかってた。
ありがとうくらい言えばいいのに

クローゼットの中は子供のものもあったし、私の洋服も2.3着かけていたけど、探しだせない理由が

「子供らの洋服掛けすぎなんだよ!」

とか、

「しまえよ!こんなあんたの冬物!こんなのがあるから狭いんだよ!」


と難癖つけることが多かったけど、実際は

モラハラ夫は物を『探しきれない』『見つけられない』

それは、性格もあるのかもしないいけど、幼い頃の
生活環境が大きく影響していると、私は思っている。


義母が義姉の子、幼かった甥っ子の可愛いがり方に、ちょっと疑問を感じていた。

その時は、私もまだ、20代、子供はまだいなかったから、ただ、(うちとは違うかな)くらいのことで、よその教育というスタンス。

義母と義姉、とにかく子供を叱らなかった。

レストランで走り回って、他のお客さんがあからさまに嫌~な、顔をしても何も言わないから一緒にいる私がはらはらした。

騒ぎをおさめるときは必ず、「アイスクリーム買ってあげる」とか、デパートだったら誕生日でもないのに、「どのおもちゃが欲しかったんだっけ?」と結構な値段のおもちゃをすぐに買い与えた。

じゃあ、私自身がちゃんと子育てができたのかと言うと、違うかも知れないが、ここで言いたいのは、
『周りに迷惑をかけている』という自覚がないまま物を買い与えることで、問題をすり替えている と言うこと。

愛情=物


何をしても身内が尻拭いしてくれる=人のせい

悪いことをしている自覚がない=反省しない

「ない!」と言えば
「ここよ」と義母さんがすぐに出して

「ない!」と言えば
「はい」と義母さんが見つけて

そして機嫌が悪くなると、すぐに物を買い与えて満足させて、問題をすり替えていたのだろう。

小川家は物で溢れ返っている

(あのとき、あの場面で、どういう理由で買った)

という意識がないから、同じような物を買うが本
当に欲しいものではないから、その存在を忘れる、そして溢れる。

また、同じような物を買う。

たぶん、それを繰り返してきたのだろう。

『探す』『見つける』は子供の時からの習慣だ。


「あんたは子供のしつけにうるさすぎる 僕がおふくろから怒られたのはテストが100点じゃないときくらいだよ」

そんなことを平気でいう夫のモラルが怖い