あすみとモラハラ夫との13000日

モラハラ夫とのつきあい方とその対処法

ブログタイトルを変更しました。

ブログタイトルを変更することにしました。

最初、ブログを立ち上げる時に、他の方のブログで、なるべく、インパクトの強いタイトルがいい!と書いてあったので、
『薄毛に悩むモラハラ夫との退職後生活』
と、したのですが・・・。

猜疑心の強い、薄毛を気にしている、モラハラ夫がググって見つけないともかぎりません。
本来は、早く、アクセス数をあげて、アフィリエイト収入を得、自立のみちを目指したいところですが、弁護士をつけて、モラルハラスメントでの離婚をするには、まだまだ、材料が足りません。

今、モラハラ夫にブログを見つけられては困るので、差障りのないタイトルに変更することにしました。

まだ、1日にアクセス数が50~100の弱小ブログです。
でも、ここで、モラルハラスメントを受けている生活を書き綴ることで、今、モラルハラスメントを受けている方と共感できるだけでも、ずいぶん、気持ちは楽になります。

私は『モラルハラスメント』という言葉に行くつくのにずいぶんと時間がかかってしまいました。

今の若い人たちは、SNSの普及で、多くの情報を得ることが、できます。

私は夫との結婚生活で、悩み、泣き、嘆き悲しみ、
でも、長い結婚生活なので、いろんなことがあって当然とかんがえていたし、モラハラ夫は優しい時もあったので、これが普通なんだと思ってました。

4人の子育てが忙しく、悩んでいる暇も、正直ありませんでした。
そんな中でも、心療内科にかかったこともありましたが、まだ、Drから、「旦那さんを連れてきて」と言われました。夫に「あなたおかしいから心療内科にかかって」なんて、言える訳がありません。
モラルハラスメントは判ってなかったような気がします。

モラルハラスメントを受けて悩んでいるブログの共通点を見いだすことができたら、モラルハラスメントを受けないよう、未然に防ぐこともできるはずです。

まだまだ綴っていきます。