あすみとモラハラ夫との13000日

モラハラ夫とのつきあい方とその対処法

撃沈 「証拠が少なすぎる」

だ、そうです。

こんばんは

派遣社員のあすみです。

弁護士に相談に行ってきました。

DVやモラルハラスメントはいかに証拠が揃ってるかが重要だそうです。
こうして、今までのことをブログに書いても、誰もそれを証明する人がなければ、ただ一方的に言ってるだけになるんだそうです

それに「古過ぎます」

事実だとしても、裁判になったとしても、古過ぎて、今までそれを我慢出来てる というふうに捉えられてしまうということです。やっぱり、日記なら日記を裏付ける、病院にかかった時の診断書や、日記の日付に基づく、第三者の証言などが必要になるようです。


モラルハラスメントで悩んでいる人へ!
とにかく、証拠集めです。音声を入れましょう!



「子供さんに話すのが先ですね」
とも言われました。

長女も忙しいのか、なかなか話すことができません。
子供たちは皆、それなりに父親のことは尊敬しているし、子供たちの前で、罵倒されることはあっても、私は反論することはしなかったので・・・(それは、口答えすると、その何倍も言い返されるからですが)子供たちは、私がこんなに追い詰められているとは思ってないでしょう。
子供たちは理解してくれるでしょうか・・・

話してみようかな


とにかく、子供が大学を卒業後するまでの2年の間に、できるだけの日記と音声データを集めなければなりません。