あすみとモラハラ夫との卒婚生活

モラハラ夫  卒婚生活 カサンドラ

お見合い40回(☉。☉)!


仕事の持ち場は割とひとりでいることが多いので、職場でお喋りをすることはあまりない。

しかも私は昼休憩は自分のアパートに戻るので、職場の情報など知らされるのはいつも1番最後になる。

別に知りたいとも思わないので構わないが。

 

そんな【みんな知りたい情報】はひとつ上の同僚から入ってくることが多い。

性格的に穏やかで、私達の年にありがちな意地悪ばあさんみたいな雰囲気でもないし、嫌な感じはない。


ただ、たまに(それほんと〜〜??)と疑いたくなる盛った話しが出てくる。

今日聞いた話は【大盛り】過ぎて、心の中で(うそぉ〜)と思いながら聞いてしまった。

会社内の若い男女。

お互い意識しあってるかもしれないよの話しから、

「根掘り葉掘り聞かないでそっと見守ってあげなくちゃあね まだ若いンだから」

そこから自分達の結婚に至る話しになった。

「小川さんはどうやって旦那さんと知りあったの?」

と聞かれたから

「お見合いよ」と答えたら、目をまんまるにして

「ええぇ~っお見合いなのお~」とびっくりされた。

私達の時代はお見合い結婚は珍しくはなかった。

同僚は確か、26歳の時に、友達の紹介で結婚したと言っていて、この旦那さんが、またとても良さげで、同僚はとても幸せなのだと思った。


「お見合いよ」

と言ったら思い切りびっくりされたが、

「私なんか、お見合い、この手と足では足りないくらいしたわあ 40回くらいしたかなあ」

と、手と足を振りながら話が急に、大盛りになった。

(ええぇ、この人40回もお見合いしたの?)

私の知ってるママ友さん、

「私は絶対に納得するまで、諦めなかったんよ」と言っていた人でさえ、お見合いは11回。

「23歳の時から、親からお見合いしなさいとか言われて無理やり日にちを決めてね。」

「ハァ」

「当時ピアノの先生なんか引く手あまただからさあ」

「何で?」

「だって家にいながらにして稼げる奥さんって、みんな欲しいじゃない、それに世間の聞こえもいいし」

「そうかねえ」 

「40回くらいしたけど、どの人もみんなイマイチでぜ~んぶ断ったけどね」

40回もお見合いしたのに、気にいる人がひとりもいなかったのも、どうかありそうだけど、だいたい23歳からお見合いして26歳で結婚するまで、本当に40回もお見合いしたんだとしたら、単純に1年に13回、ひと月に1.3回はお見合いしたことになる。

26歳で結婚するのに、半年前からお付き合いを始めたというから、正味2年半のうちに40回のお見合いをしたというのだろうか。

思わず(うそー〰)と思ったが、自分の話しについては【大盛り】にすることが多いので、話半分に聞いておいた。

途中で挫折した私と違い、ピアノの先生になったのは彼女の努力だとは思うけど、ピアノの先生もピンからキリまでで、40回お見合いした相手を「全部断った」ほど、高嶺の花の雰囲気は、はっきり言ってない。

どちらかと言えば、いつも地味な服をきて目立たない感じだ。

たまに見る旦那さんも、ごくごく素朴な感じで、高嶺の花のピアノの先生を勝ち取ったギラギラ感はない。

たまーにこの【大盛り】の話が出てきて面白いけど、何でこんなわかりやすい嘘みたいな話をするんだろう。

自分は『特別』と言う感覚はどこから来るんだろうか、今日はことのほか【大盛り】で胸焼けがした。











にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 


 

ランキングに参加しています

応援していただけると励みになります♪