にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

 本サイトはプロモーションが含まれています

夫とニアミス


モラハラ夫と言われる人は、基本、奥さんが楽しそうにしたり、友達と遊びに行くことをよく思わない。

それに、前持って友達と旅行に出かけることを伝えると、

「ゆっくり楽しんでおいで」

などと言いながら、土壇場で、「その日はお袋のところに帰ることにした」

と、自分の予定を優先させる。

いい大人なんだから、気にせず、予定通りにすればいい話しだが、我が家には凶暴なモラハラ犬タロがいるせいで、家を空けることができない。どちらか一方が必ず家にいてモラハラ犬の餌をやったり、散歩に連れて行かなければならないのだ。

そんなことを知っておいて、わざと嫌がらせをするのがモラハラ夫。

なので、今月のゆみ子との予定もぎりぎりまで、黙っておいた。

昨夜、LINEで、

「ゆみ子が遊びに来たら?って言うから行ってくるね~ついでに○○のとこにも顔出してくるわぁ」

と、三男のアパートに寄ることを伝えた。

モラハラ夫は可愛いスタンプで『了解』と送ってきたが、これが大の曲者。

モラハラ夫が自分の許可なく、友達と旅行することや、息子らと観光してまわるなんて許せない行為のはず。

 

自宅にいたらどんなモラハラを受けるかわからないが、今はアパート暮らし。

不機嫌になる夫のご機嫌をとることもないし、嫌がらせを受けることもない。

旅行する日には、友達の結婚式で長男が帰省予定なので、夫は家を空けることもないだろう。

その辺も早くから調整済。

 

友達と出かける、ただそれだけなのに、いろんな根回しでほんとに疲れる。

こんなことモラハラ夫と暮らした人じゃないとわからないだろう。

 

さっき、父のところに晩御飯を持っていく時、少し遅くなったので、自宅のある団地を抜けて行ったら、ちょうど、道路沿いで、モラハラ夫がモラハラ犬タロを散歩させていた。少し遅くなったから、もう散歩は済ませていると思ったのに

(あぁまずい)

と思ったけど、満面の笑みで、車の中から手をふっておいた。

 

すると、深く被ったキャップの奥で、目がすわっていた。

ゾーッとしてしまった。

 

奥さんが楽しそうにするのが許せないモラハラ夫が自分の許可なく友達と旅行するとか、腹だたしくて仕方ない、そんな風だった。気のせい?いやいや、今まで何度こんな思いをしてきたことだろう。

 

深く被ったキャップで、見えはしなかったが、眉間に深い皺がよって、睨みつけられているような気がした。

あぁ怖かった。

 

 

 

 

 お読みいただきありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

あすみとモラハラ夫との卒婚生活 - にほんブログ村

 


日記・雑談(60歳代)ランキング</

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村