にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

 本サイトはプロモーションが含まれています

従姉妹と40年ぶりの再会計画


お彼岸に父方の先祖のお墓参りをすることになりました。

父は次男なので、お墓を建てるつもりはたぶんなかったと思うんですが、生前の母が父の知らない間にお墓を建立したのです。

私には

「お父さんが(父)あんた達に迷惑かけんようにってお墓を建てたからね」

と言ってましたが、母のお葬式の後で、お坊さんから、遺骨をどうするか聞かれた時に、お墓の存在を知らなかったですからね。

「お墓建てたっていいよったよ」

と私が言ってはじめて、

「あ〜なんかそんなこといいよったなぁー」

くらいの話しです。

お墓を建てたのは、父の考えではなく、母が主導したことです。

 

お墓を建てる時には、後のことを考えて、子供に相談するものですが、一切ありませんでした。

長男が籍を抜いた後、お墓を守るのは誰になるんでしょう。

墓じまいも、永代供養もお金がいる世の中。

そんなもろもろの話しも、来週、70才になる従姉妹に聞いてみたいと思ってます。

従姉妹も一昨年に山の上にあったお墓を墓じまいしたそうです。

小さい時には1年に1回かくらいは行ったのかなぁと思いますが、よく覚えていません。

従姉妹は長男の娘です。

まだ伯父さんがいた頃、遊びに行ったことがありますが、土間の台所で、窯でご飯を炊き、伯母さんが土間から畳敷きの部屋に上がるのに、何度もつっかけと呼ばれる靴を脱ぎ、上がるのを子供ながらに(大変だなぁ)と思って見てました。

お風呂は五右衛門風呂。

板を外さないように入るのが慣れない私は大変でした。

伯父さんのところは三姉妹。

今度会う予定の従姉妹はもう70才だそうです。

他の2人は元気にされてるのかな。

父の兄は、父と顔の作りが違って、彫りの深い顔立ちだったので、従姉妹の3人は、なんとなく(綺麗だなぁ)と思ってみてました。

年をとれば、綺麗かどうかなんてあまりわかりませんよね。

穏やかに笑いながら過ごせば笑い皺ができるし、不平不満だらけだと恐い顔になってしまいます。

 

あの五右衛門風呂があった家は、放置状態で、あまりの不便さで町中に引っ越してきたそうですが、それでも最寄りの駅は無人駅と聞いて、どんな田舎なんだろうと思いました。

 

父方のご先祖様のお墓参りなんて、40年ぶりくらいです。

結婚してからはお参りしてないと思います。

そんな私が今、父方のご先祖様のお墓参りをしたいと思うに至ったのは、父が今現在も、健康で長生きしていることにお礼を言いたいと思ったからです。

 

きっとご先祖様は、モラハラ夫に邪険に扱われている私を心配して、父を長生きさせてくれてるんだろうと思います。

ほんとに感謝しかありません。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

あすみとモラハラ夫との卒婚生活 - にほんブログ村

 


日記・雑談(60歳代)ランキング <

 

 

日常にちょこっとだけカラダにいいことをchocozap

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村