あすみとモラハラ夫との卒婚生活

モラハラ夫  卒婚生活 カサンドラ

戻ってくる税金と娘のこと


昨日は先週から引き続いて、ずっと夫の還付金申告の作成をしてました。

社宅制度を利用するのに、先に入籍を済ませておきたいと言う娘は、来月に入籍予定。
お金だけの問題じゃあないけれど、新しい生活にはやっぱりお金が必要。

長く4人の子供達に学費がかかり、この春やっと仕送りが終わったばかりで、お祝い金が準備できるかどうか不安だったけど、昨年途中で仕事を止めた夫の確定申告をしていたら、遡って5年について還付申告できることに気が付き、先週と昨日で申告完了。
還付申告は5年分で50万円+αになりました。

ないと思っていたお金ですからこれはラッキーでした。
夫は「2.3万のことでいちいち!」
と不機嫌でしたけと、2.3万どころではありませんからね。
「あとはあなたと私で半々にしましょ」
と伝えました。
ラインで送ったのですが、納得したという返事はまだありません。
車を買うのに父親のお金で立替てます。↓↓↓

www.hyumama.com
こちらがまだ20万返済されてません。
なので、何か言われたらその事を伝えようと思います。


私の時には、自宅を出て大学に行きたかったのに、幼稚園から会社勤めに至るまでずっと自宅から徒歩通学、通勤。
「よそみたいに裕福じゃないんだから、働いて家にお金を入れるのよっ!どうせお嫁に行く時には全部こっちがせんといかんのに!」

母の生活ぶりは、専業主婦で、お料理教室、刺繍教室、お茶やお花と、いつも綺麗にしてお出かけする姿を見ていたので、子供心に母の言う
「うちにはお金がない」
の、意味がよくわかりませんでした。
結納式も、結婚式もちゃんとしてもらいましたが、ずっと家にお金を入れてきた私には持参金というものがなく、新生活に入った時にとても困りました。
娘にはそんな思いをさせたくはありません。
ヤングケアラーみたいに、家の用事を手伝わせた事も、(申し訳ない)という気持ちになってます。
夫は帰宅が遅く、頼れる身内は遠方で、娘しか手助けしてくれる人がいなかったのです。その娘はまだ5才。
可哀想なことをしたなあと思ってます。
だからと言って何ができるわけでもないのですが、モラハラ夫と暮らす中で、常に夫のご機嫌をとりながら、文句を言わせないように何品もの食事作り。
心に余裕のない暮らしで辛くあたったこともありました。

娘は思春期になって、自分が頼れる人が家族ではないと感じたのでしょうね。
それは、私が友達に誘われるままに基督教会に行ったのと、似ているかも知れません。

付き合う友達が、ちょっとおませな子が多くて、言いなりになっていた時がありました。
朝早くその友達のところに迎えに行き、夕方は真っ暗な所を送り届けて帰ってくることが続きました。
夫が寝るとこ以外、エアコンのついてない社宅で、真夏には揚げ物でもするとキッチンが40度になりました。

精神的にも肉体的にも疲れて、とにかく社宅を出たいと思うようになり、注文住宅を建てました。
夫が46歳だったと思います。
途中、繰上返済などもして、4500万の買い物を退職金で完済しましたが、やっぱりそこに住むことができずにアパート暮らしをしています。
住宅事情の問題ではなくて一緒に住む人の問題だったのですね。

娘には楽しい家庭を築いて行って欲しいです。
モラハラやDV、ギャンブル好きも困りますね。


楽天で良いものを見つけました。
ただ、封筒に入れてポンと渡すのではなくて、こんな桐箱に入れて渡したいと思ってます。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

長井紙業 江戸長 小型桐箱金封・婚礼用 DK53
価格:2980円(税込、送料無料) (2022/2/27時点)