あすみとモラハラ夫との13000日

毒親育ち モラハラ夫 エッセイブログ

教会で出会った彼 知らされた事実


「あ、おはよう♪久しぶり」

同級生の由里は夏のBBQなど、何かの集まりの時には時々 顔を出すが、日曜礼拝は仕事の関係で、なかなか来ることができなかった。
「今日は来られたのね、良かったね」
礼拝が終わって会堂の隣にある部屋の一角で、テーブルを囲んでいつものコーヒータイムとなった。

(あれ?)朝、おはようと挨拶を交わした北川くんの姿が見えなかった。

「あれ?北川 帰ったん?」

気になっていたことを他の人が聞いてくれた。

「なんか迎えにきた車に乗って帰ったよ」

そう言ったのは久しぶりに礼拝に来た由里だった。

「今日、来るとき、ちょうどそこの交差点の信号待ちで一緒になったのよ。見たことない女の人とずっと親しそうに喋ってたから、後から 誰?って聞いたら、昔 付き合ってた彼女って言ってたよ」

「あいつ彼女おったん?」また他の人が聞いた。

「大学入るとき別れてきたけど、この前、大阪に帰った時また出会って、それからまた付き合いだしたんじゃない?高校生の時からの付き合いだってさ」

時々しか、教会に来ない由里には、微妙な女子達の雰囲気は伝わってなかったかも知れない。



聞かなくても良かった事実を知らされて、ゴーッという轟音と共に沖から津波に襲われたかのように、私の心は穏やかでなくなった。

あれから北川くんから電話が来なくなったのは、紛れもなくこれが理由。


2人で灯台までドライブして2人で見た碧い海。

2人だけの甘酸っぱい秘密が一転
秘密は私ひとりだけのものになり、理由なくうしろめたい気持ちがつきまとった。




北川くんが蝋燭に火を灯したのだ。

f:id:hyumama:20200409164943j:plain

灯された蝋燭の火はその時から大きくなり、まるで涙のように蝋が溶けて流れた。
このまま火は燃え続けて短くなり、自然に消失するのを私は待つだけなのか・・・



北川くんの気持ちを確かめる・・・そんなことしなくてもいい。
確かめたいのは、今 自分がどうしたいか。



留学を目指してお金を貯めようとパワハラ セクハラ上司の下で、歯を食いしばり頑張っている最中、私の中で灯された癒しの灯火。

北川くんの存在はそんな感じだった。

北川くんが誰を好きでも構わない。

こっちから普通に電話でもかけてみればいい。

そんな気持ちでいた。