あすみとモラハラ夫との卒婚生活

モラハラ夫  卒婚生活 カサンドラ

ショックな出来事


痛みが酷くて夜も何回も起きてしまった。

「当分かかると思いますよ」

とカイロプラクティックの先生に宣告されて、落ち込んでしまった。

今日は、なんとかたまっていた洗濯もしたけど、干すまでできずに、息子に頼んだ。

暫くは買い物もできないだろう。歩き回れない。

今ごろは、ネットスーパーがあるから、本当に助かる。

暫くはネットスーパーを利用しよう。



まだ買い物がままならない父の夕飯をさっき持って行ってきた。

3週間前に、圧迫骨折になった時より、少し元気になったような気がする。

ただ、何回も同じことをいうし、日にちの感覚があまりわかってないみたいで、こうして、だんだん、記憶が薄れて行くんだろう。

「今日も散歩してきたわい」

という、ガラ系の携帯で歩数をチェックしたら、0歩数だった。

「今日?」

「いや、昨日じゃったかなあ」

もう、今日も昨日もわからなくなっている。

いつからだったのかな、父はずっと元気と思っていたけど、食べる量も減り、今日のことか、昨日のことかわからないようになっている。それはもうだいぶ前からの症状かも知れない。

日々の変化に気をつけてみていなければならない。

父は、私のことを心配してくれる唯一の存在なのだ。


子供たちには心配をかけたくない。子供たちには自分の好きなように生きて欲しい。まだまだ親の心配などしなくていい。


夜中寝られなかったので、今日は少し遠くの気功師を尋ねた。

以前、アパートへ引っ越すことを相談しに行ったところだ。


不思議と痛みが和らいだ。

何処か、痛かったり、落ち込んだりしていると、藁にもすがりたい気持ちになる。

f:id:hyumama:20210725181145j:plain

帰り道、ボーッとして運転していたのか、侵入禁止に入り逆走するところだった。

向こうから来たバンがすぐに止まり、私が車を止めてバックミラーで確認していると、バンの運転手が降りてきた。


野球観戦をするのか、どこやら、ユニフォームをきていたが、私の車に近づいてきて

「この道路、一方通行ですよ」

「あっ、すみません、どうしましょうか」

前方から次々降りてくる車が立ち往生をするのを見て、その中年男性は、道路上で誘導してくれた。

「こっちの道路ですよ」

「ありがとうございました」

車の中からしっかりお礼を伝えて、運転を再開したが、嫌な顔せずに、誘導してくれた運転手にこの場を借りて御礼を言いたい。

私も、何度か老齢者の運転する車が逆走するのを見たことがあるが、

(どこ見て運転してるんだろ)と心配と呆れた感じで見ていたが、まさか自分が逆走するとは・・・少しショックだった


心配事が無くなり、皆が元気で以前の生活に戻れますように






ブログランキング・にほんブログ村へ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

ランキングに参加しています♪応援してくださると嬉しいです♪