あすみとモラハラ夫との卒婚生活

モラハラ夫  卒婚生活 カサンドラ

『幸せ』を実感する言葉


今日は父のデイサービスの日。

9時半の迎えに、ドタキャンしないように9時前に仕事場から電話を入れた。

朝は開店準備で忙しい。合間を見ながら9時前に電話を入れると、意外にもすぐに電話に出た。

「今日はデイサービスの日よ、9時半に迎えにくるからね!着替えといてね」

そういうと、

「もう着替えて降りとるわい」

と言ったから思わず笑った。

「行く!」と言ってみたり「行かん!」と言ってみたり、デイサービスに行くのが習慣になるようにと、気を揉んだが、迎えに来なくても自分からマンションの玄関ホールに降りたと聞いて思わず笑ってしまったのだ。

行く日を楽しみにしているようで、本当に安心した。



仕事が終わってから、お味噌汁を持って行った。

昨日、鳥の唐揚げを持って行っておいたから、お味噌汁があればいいかなと、冷蔵庫を開けたら、唐揚げがなかったのだ。

「あれ!唐揚げ食べたん?」

ゴミ箱か唐揚げの骨が出てきた。

「ああ、食べとるなあ、いつ食べたかなあ」と笑った。

なんでもいい。

デイサービスに行く前よりも、元気になって、よく喋るようになった。

もともと、前向きな父だが、本当によく笑うようになった。

そしていつも口にする言葉。

「本当にありがたい」「わしは幸せじゃ」

持って行く晩御飯は前の日の残りもので、レンジでチンして食べるのに、

「あああ~~~うまいなあ!」

「あああ~~~美味しいなあ!」

を連発して、本当に美味しいそうに食べる。

「鳥の唐揚げがあると思ってお味噌汁しか持ってこんやったわあ、悪かったね」

「いやいや、上等じゃわい」

そう言って、賞味期限の切れたキムチと一緒に御飯を食べた。

「あああ~~~ごちそうさま、うまかったわい」


父は何でも美味しいと言い、文句は言わない。

「食べるものに文句を言うな!」

は、小さい頃から耳にたこができるほど、聞かされた事。


それなのに、結婚したモラハラ夫は毎回、文句やケチをつけていた。

とてもストレスに感じていたが、お姑に言うと

「文句くらい言わせてあげてちょうだいな」

と言われたから、もう、最初からまるっきり環境の違う2人が結婚という名の元に、修行のような食事時間を過ごしたんだと思う。


f:id:hyumama:20211008200029j:plain

父の「あああ~~~うまいなあ」

「ありがたい」「わしは幸せじゃ」と言うのを聞く度に、こっちも幸せな気持ちになる。

人の気持ちを幸せにするのは、こんなところにあるんだとつくづく感じている。





ブログランキング・にほんブログ村へ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


 どれでもいいです♪バナーをクリックしていただけると嬉しいです♪