あすみとモラハラ夫との卒婚生活

モラハラ夫  卒婚生活 カサンドラ

感謝の気持ちが幸せを引き寄せる


お昼に大学生の息子から「お昼ごはん一緒に食べに行こ」とラインがあり、郊外のカフェでランチをした後、一緒に父のマンションを訪ねた。

孫の顔を見ると、父はとても喜んでくれる。

息子も頼むと気持よくついてきてくれるので、有り難い。

今日はリサイクルで500円で買った将棋セットを持っていき、小さな机の上いっぱいに広げて2人向かい合って将棋をさした。


息子は将棋は超初心者。

動かし方が分かる程度だ。20分ほどで父の勝ちで勝負がついた。

「わしとするにはまだまだじゃわい(笑)」

そう言って笑ったが、孫と一緒に将棋をするなんて、きっと初めてのことで、とても嬉しそうだった。

息子も息子で、

「来週、リベンジに来るわあ(笑)」

と笑った。

その間、キッチン周りのいらない物をきれいに片づけてすっきりした。

もともと片づけるほど物はない。


「ありがとうな」

父に晩御飯のカツとじを持っていき、お薬カレンダーにお薬を入れて、2人して母のご仏壇にお線香をあげて帰ってきた。


たったそれだけのことなのに、父は何度も

「ありがとう」「本当にありがとう」

と私と息子に感謝の言葉を発する。

「いいよ、こちらこそ」

そう言ってマンションを後にした。


エレベーターにで降りてくる間、息子が言う。

「おじいちゃんは何回も僕らにありがとう、ありがとうって言ってくれて、そんなに喜んでくれるんなら、また来ようって思うし、こっちが幸せな気持になってくるね」

「ほんとにそうね」

父からネガティブな言葉を聞かない。

いつも、「ありがとう」「ありがとう」と私に感謝してくれる。

私こそ、父のおかげでどんなに助かっているか知れやしないのに。

だから私も父に

「私こそ、助かってるんよ、ありがとう」

と伝える。

介護1の父、この先、どんな風に変わって行くのかわからない。

苦労人の父がこの世を去る時には「とても幸せだった」と思って旅立って欲しい。

言葉はとても大事。

朝、取り寄せた本をずっと読んでいた。

f:id:hyumama:20220213193941j:plain

人生を変えるのは『思考』じゃなくて『感情』

いつも幸せに満ち満ちた感情でいることが、充足感を得て幸せなことが寄ってくるんだとある。

昨年の夏、圧迫骨折をした父が復活したのは、感謝の言葉をいつも口にしていたからだと、自分が引き寄せたんだと、心からそう思う。








ブログランキング・にほんブログ村へ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


 どれでもいいです♪バナーをクリックしていただけると嬉しいです♪