あすみとモラハラ夫との13000日

毒親育ち モラハラ夫 エッセイブログ

50代のクローゼット 喪服を買い替えようと思った理由


先日、知り合いのご主人様が亡くなられたので、お葬式に参列してきました。

まだ60過ぎ、ご病気で亡くなられました。
3人のお子さんはもう、社会人となり、手のかかる子供さんはいませんが、自営業をされていたのもあり、大黒柱を失った家族の悲しみは大きいでしょう。

f:id:hyumama:20200717175638j:plain


自営業という、仕事柄もあるでしょうけど、亡くなられた方は、地域のため、町の消防団や、ボランティア活動など、いろんなことをされていたようです。

お葬式には、葬儀場には入りきれないくらいのたくさんの弔問客が来られ、その早い死を惜しむ慟哭も会場のあちらこちらで聞かれ、生前はたくさんの人に親しまれたくさんのお友達に囲まれて過ごされていたと想像しました。

病気には勝てませんでしたが、沢山の人が弔問に訪れたことに、亡くなられた方の人柄が伝わってくる本当に感慨深いお葬式でした。


その人の死に様はその人の生き様
www.hyumama.com

実母のことはこれまでにもたくさん書いてきましたが、お葬式には新興宗教の3人と町内会長、そして私の友だちの慶子さんしか来ませんでした。
愛玩子の兄さえお葬式には来ませんでした。



故 野村克也さんの名言で
『金を残すのは3流 名を残すのは2流 人を残すのが1流』
という言葉がありますが、亡くなられた方はまさしく1流の生き様だったんだと思います。

ご長男さんは今はサラリーマンとして働いていますが、親族代表の挨拶で
「家業を継ぐつもりです」
と、弱冠 24歳の決意は並々ならぬもので、本当に立派だと感心しました。
f:id:hyumama:20200717200549j:plain

この年になると、お葬式に参列することが多いです。
慌てないように喪服や布製の黒いバッグ、ブラックパールとイアリング、数珠、袱紗等々、同じ場所にまとめてしまうようにしています。


今回着て出かけた喪服は、もう、かれこれ15年くらい前に買ったものです。
ミセス9号サイズで、幸いサイズが変わらないので、それを着て行ったのですが・・・

サイズが変わらないし、フォーマルウエアはどれもパターンがそれほど変わらず、そのまま買い替えずとも良いのではないかと考えそうですが、あえて買い替えることにした理由をお伝えしたいと思います。

型が若すぎる

ママ友だちに会うと、みんな似たり寄ったりの格好でしたが、この年齢になると、会社勤めのママ友は役職についてたりするわけで、彼女が着ていた喪服が生地も良くて、一目見てとても良いものとわかりました。
比べるものではありませんが、比較すると、私のは当時¥19800ぐらいで買った⬇️⬇️⬇️こんな感じで
f:id:hyumama:20200717184454j:plain

風格の差は彼女が着ていた喪服がクオリティが高いということの他に、型が違うと感じたからでした。

15年前は、見た目も若く、髪も長かったし、写真のような若い感じのものが似合っていたのだと思いますが、この前のお葬式で、さすがに無理があると感じました。

クオリティが高いものは買えなくても、年齢にふさわしい型を着たら、それなりになりそうです。

手があがらない

ワンピースを着る時に、簡単に上がっていた後ろのファスナーが4年前の五十肩のせいで、腕があがらず、また、いま左肩も痛くなってきて、ワンピースを着るだけで、時間がかかり、悪戦苦闘してしまったことです。
(買い替えなきゃあ)と思った1番の理由は実はこれです。

家で洗濯ができる

新しく買った喪服は、ネットに入れて家で洗濯ができるそうです。
そうですよね、ウオッシャブルスーツなんて15年前にはなかったけど、今は洗えないスーツの方が珍しいかもです。

私は喪服を着る度に、その都度すぐにクリーニングに持って行っていたのです。クリーニング代は¥900
高いですよね

昔、まだ子供が小さい時、結婚式に呼ばれた夫の礼服を出したら、あちこち虫食いで、やむ無く買い替えなくてはならなくなったのが、トラウマになっているのです。
¥1000くらいのクリーニングをケチったために6万も7万も出さなくてはならなかったのは、本当に痛かったです。
なので、家族のものも全て、1度袖を通したものは必ずクリーニングに出すことにしたのです。

でも、家で洗えるんだったら、クリーニングに頻繁にださなくても良さそうですもんね。

余談

以前 百貨店でランバンの素敵な喪服を見つけたのです。当時¥120000でした。
こんな感じです⬇️⬇️⬇️
f:id:hyumama:20200717200833j:plain

高かったけど、夫もまだ現役だったし、私も(プチセレブだった)立場があるかなと思い、買おうかどうしようか悩んでいる時に、70歳の先輩に相談したのです。

そしたら彼女はズバリおっしゃったのです。
「そんないいの買ったら、人に見せたくて、誰か死なんかなあ~って思うようになるから止めときなさい!」

これには驚きました 笑笑笑

さすが人生の先輩です。

今の私は派遣社員。
高い喪服は買えませんし、必要ないですね。

ネットで見つけた喪服はすぐれものですよ♪

●着脱は前にあるファスナーで。

●備えのネットでホームクリーニング

●サイズ感がわからない人は、試着できるよう2着送ってくれる
等々。
至れり尽くせりです。安いしね。
見劣りしませんよ 送料無料

こちらから⬇️⬇️⬇️