あすみとモラハラ夫との卒婚生活

モラハラ夫  卒婚生活 カサンドラ

心に染みわたってありがたいと思うこと


6年前の5月に亡くなった母の7回忌を迎える。

さっき、父のところにあるご仏壇に真っ赤な薔薇の花を2本たしたら、

「ありがとう」

と聞こえた。

赤い花を供えると、なんだか嬉しそうな雰囲気が伝わってくる。

今日も元気でデイサービスに行った父。

何でも食べられて、耳もよく聞こえ、目もよく見えて、自分の足で歩ける生活に父は

「本当に有り難いことじゃ」

と、何度も「有り難い」を唱える。

 

父が幸せな気持ちで暮らすことができるのは、この「有り難い」という言葉を何度も何度も口にしているからだと思う。

そんな父を見ながら、私も寝る前に「有り難い」と思うことを10個唱えるようにしている。

たまたまケーキをもらったりしたことや、大根など農家のおばさんから分けてもらったり、そんなことを含め、数は必ず10個以上。

 

⑴アパート暮らしありがとう

⑵お父さんが元気でありがとう

⑶ゆっくり寝られてありがとう

⑷子供達が元気でありがとう

⑸仕事があってありがとう

⑹仕事場が近くてありがとう

⑺コーヒーがおいしくてありがとう

⑻お風呂が綺麗でありがとう

⑼娘の結婚ありがとう

⑽臨時収入ありがとう

 

いつも順序は関係なく、こんな感じのことを口にして感謝をしています。

臨時収入というのは、この前、娘の結婚のお祝いに足した税金の還付金のこと。

いつも、予期しないいただきものをもらったことを「ありがとう」と口にしています。

靴がそのままにしてあると、拭かずに出かけてしまうこともあるのですが、玄関の靴を全部しまい、固く絞ったタオルで水拭きしています。

www.hyumama.com

不思議ですが、思わぬ臨時収入や予期しないいただきものをもらったりします。

気のせいかも知れませんけど(笑)

運は玄関からやってくると言われていますから、お試しあれ

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

 

 どれでもいいです♪バナーをクリックしていただけると嬉しいです♪