あすみとモラハラ夫との卒婚生活

モラハラ夫  卒婚生活 カサンドラ

これはきっと背中を押すメッセージ


昨夜、懐かしママ友から電話をもらった。

何年ぶりだろうか。

夏に共通の友達が亡くなってから、LINEではやりとりしたが、その時にはお互いにしゃべる元気がなかった。

あれから4ヶ月経った。

まだまだ、思い出しては涙してしまうが、亡くなった友達は、「悲しまないで」と、メッセージを送ってくる。

それは、母のご仏壇に手を合わせた時。朝、母の遺影に湯呑一杯のお水をあげた時。

不思議なものだけど、毒母だった母とは亡くなった今の方がコンタクトを取りやすい。もう仏様になっているのだ。

奥歯が次々に割れたり折れたりして、何かに祟られているのかも知れないと、はじめた自宅の断捨離は片付け終わった時に、

(家を出よう)と言う気持ちに自然に行き着いた。

4本もの歯に異変が起きたのは、母が洗脳された私を気づかせるためだったんだと思う。

 

電話してきたママ友は一緒の趣味のサークル仲間だった。あのときまだ年少さんだったお嬢さんは、もう大学生になって、京都にいるとかで、

「また京都で会おうよ」

と誘ってくれた。

今年はGWの時に高校時代の友達のゆみ子と30年ぶりに再会し、そして来月、高校時代からお世話になった教会の牧師ご夫妻との再会が待っている。37年ぶり。

 

そして懐かしママ友からの電話。

友達や先生に会えて、久しぶりにお出かけもできて、きっと見えない力が私の背中を押してくれてるんじゃないかと、力強いメッセージを感じている。

 

今日は442年ぶりの皆既月食だそうですね。

私も夜空を見上げて壮大なパノラマを楽しみたいと思います。

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 


 

ランキングに参加しています

応援していただけると励みになります♪