あすみとモラハラ夫との卒婚生活

モラハラ夫  卒婚 ひとり暮らし

モラハラ夫と暮らすのが難しいわけ


おととい、家に帰った時に、洗濯機の乾燥機能が止まって、溜まりに溜まっていた洗濯物が気になり、ソファに座ってスマホをつついていた夫に聞いてみた。

「洗濯した?」

 

すると、どうだろう。

「洗濯した?」と聞いただけなのに、

「何か!しとらんわ!!」

 

と怒鳴られた。

いつものことなので、バッグを置いてすぐに洗濯をはじめた。

 

洗濯は最低でも2回する。

乾燥にかけられないYシャツ類を先に。

 

下着やタオル 靴下など乾燥できるものはそのまま回すが、たいていお風呂上がりにセットして、電気代 節約のために、夜中にしておく。

 

でも溜まりに溜まった洗濯物は、息子のYシャツだけでも洗濯しておかないと、

「しとらんわ!」で済まされそうだ。

 

息子からは承諾を得てアパート暮らしをはじめたが、自分達でしなければいけないことが増えると、不満も出るだろう。

 

2日留守をしただけで、夫は慣れない家事に疲れている風だった。

いつも、私のやっている仕事などたいしたことじゃないと、染み付いた男尊女卑の思考から、文句か嫌みしか言わないのに、実際にやってみると大変だと実感しただろう。

 

しばらく続けてもらおう。

 f:id:hyumama:20210111172537j:plain

洗濯機は電機屋さんに言って修理に来てもらわなければ、乾燥機能は使えそうにない。

「電話してみたら?」

と言ったが、

「もう、寿命だよ」

と投げやりにそう言った。

 

買い物好きな夫のこと。

また家電製品を買い換えるのじゃなかろうか。

 

丁寧に大事に使えばいいのに、撒き散らす増毛スプレーの粉が洗濯機の中で溶けずに排水の小さな穴に詰まって、1ヶ月に1度の割合でホースからすごいゴミが出てくる。

 

それも私のストレスのひとつだったことに間違いない。

綺麗にするはずの洗濯で、出来上がった洗濯物が臭くてどす黒い。

www.hyumama.com

綺麗になるはずのお風呂は周りが黒くてぬるぬるしている

 

www.hyumama.com

アパートに引っ越ししてから、ふかふかのいい香りのタオルに、綺麗で清潔なお風呂に入れて、それだけでも幸せが充満してくる感じだ。


夫は誰かと一緒に暮らすのには向いていない人だ。今さらだけど。


ひとつ屋根の下、多少の行き違いや喧嘩はあったにしても、夫のように文句は言うが、人のお願いは聞かない、ではどうしようもない。


誰かに文句を言わなければストレス発散できない夫は、そのうち息子をターゲットにするかも知れない。


きっとお殿様みたいに、お姑が何でも「はい、はい」と言うことを聞いてあげてたんだろうなあと思う。

私が夫との結婚を決めてご挨拶に行った時に、「幸司と結婚できて、あなたは本当に幸せよ、とっても優しくて思いやりがある子なの」

と言った。



これについてはまた記事にしようと思うが、自分の息子のことをこんなふうに言う母親に会ったら、ちょっと気をつけた方がいいと思っている。


 

 

 

 

 

 

 

共感できるブログがたくさんあります

 

こちらから


50歳代ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村