あすみとモラハラ夫との卒婚生活

モラハラ夫  卒婚生活 カサンドラ

総額700万円をどぶに投げ捨てたようなもの


夫婦で終活の話をしています。

というか、夫の終活の話を一方的に聞かされました。

『子供達に迷惑がかからないようにしよう』

そこだけは2人の共通点のようですが。


私が今1番不安なのは、○んでも、お葬式代がないということです。

私はそのことに気がついて、すぐに県民共済に入りました。

まだ、3回しか払ってませんが、○んだら400万円

「入るから、そのうちお葬式代に100万くらいかかるから、後は子供達に分けてね」

と、夫には伝えておきました。

「そんなことは僕に言わずに子供達に言ってよ」

と、言いながら、何気に嬉しそうな顔を見逃さなかった私です。


できれば、1日でも夫より長生きして、1日でも、『自由』ということを実感したいです。

f:id:hyumama:20211128113437j:plain

アフラックの癌保険以外に何も保険に入ってない夫に、この前からとにかく保険に入るように言ってます。

「子供に迷惑がかかるから」


母が亡くなった時には、セレモニーホールがやっている、積立に入っていたようで、すぐに150万円をお葬式代に充てることができました。

不治の病と知ってから亡くなるまで5年の歳月がありましたから、十分な準備ができたのでしょう。


自分の『死』にみんなが前持って準備ができるわけではありません。

その時は突然やってくるかも知れません。  だから、『保険』が必要になるわけで・・・

夫は糖尿病の持病があって、もうずっと薬を処方されて飲んでいます。

もう、審査のある保険には加入することができず、無審査で入るSBI保険など、薦めたのです。

今頃、ネット保険であれば、お葬式代くらいの保険はいくらでもあります。


でも、きっと、私に保険に入るように言われたことを『命令』と捉えたか『指図』されたと思ったのでしょう。

SBI保険だと、64歳の夫だと、保険料は月に3000円くらいだったと記憶してるのですが、年々保険料が上がって行くことも夫は不満に思ったみたいで

「今からお葬式代を積立るわあ」

と、つみたてNISAでやっと貯金をはじめたようです。

つみたてNISAの貯金は貯金、保険は万が一の時の保険です。

もしも来年○んだら、どうしますか?

20万円もないことになります。

でも、そういう話も、夫にできないんです。

「そんな、いつ何があるかわからないのに、早く保険に入ってよ」

などと言おうものなら、

「おまえは俺が早く○ねばいいと思ってるのか!」

と激高されるに決まってます。

だからもう何にも言わないのです。


長女が生まれた時に加入したのが、ニッセイのロングランです。

確か毎月の保険料が37000円

終身の死亡保険で、○んだ時には5000万円が入るようになってました。

若くて、保険のことなどまるで無知だった私でしたが、それを薦めてきたのが、夫の先輩の奥さん。

断るのはどうかと思っていたんだと思います。

夫も了承して入ったのですが、家を建てる時に住宅ローンの返済などで、高い保険料を減額したり、子供がそれぞれ大きくなったことで減額したりしましたが、どのくらい払ったか、ザッと計算したら総額700万円くらいになりました。

夫も了解して加入したのに 

「700万円をどぶに捨てたようなもんだよっ!」

と、保険の話になると、後出しジャンケンみたいにそのことを持ち出して、私に非があるようにいうんです。

お姑のいる場にその話になった時には、

「なんでそんなばかみたいな保険に入るのかねえ!」

だから、保険の話は火に油を注ぐ結果になってしまいます。


ニッセイロングランの毎月の保険料37000円を全世界株式ファンドに投資していたら、今、8000万円くらいになっていたかも知れませんね。

どこまでも、お金に縁のない夫婦です。


ブログランキング・にほんブログ村へ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


 どれでもいいです♪バナーをクリックしていただけると嬉しいです♪