あすみとモラハラ夫との卒婚生活

モラハラ夫  卒婚生活 カサンドラ

家に戻って来いと言うモラハラ夫


自宅に晩御飯を作りに帰ってきました。

週末恒例行事。

タッパーウェアをたくさん持って行って息子と私と、そして明日、父に持って行く3人分を持って帰ってきました。

お腹を空かせた息子と早速、晩御飯です

f:id:hyumama:20211212205844j:plain

大きな牡蠣があったので牡蠣フライ、ポテトサラダ、烏賊の煮付け、筑前煮、わかめとお豆腐のお味噌汁、げんちょうと言う魚を煮付けにしましたが、これは持って帰れず。

こんなもんだったかな、滞在時間2時間、忙しかった割にはこんくらいのメニュー。


夫は9月末で嘱託の仕事を止めてずっと自宅で過ごしている。

熱帯魚の世話、モラハラ犬タロの世話、そして趣味の釣り、最近は、韓流ドラマにはまっている様子。


止めてから2ヶ月、そろそろ退屈になってきたのだろう。

私に話す内容が、やたら

『家に戻ってきたら?』

的な話になる。


「こんな近いところ住んでいて、高い家賃を払って勿体ない、家から通えばいいじゃないか」

「朝早いし、昼も帰って横になれるから、定年まで勤めようと思ったら今の方がいいんよ」

夫がもっと協力的で、作った料理を「美味しい」と言って食べてくれたら、怒鳴ったり威嚇したりせずに思いやりを持って接してくれたら、私はアパートに引っ越してくる必要などなかった。

言ってもわからない。

自分は思いやりがあって優しい夫と思っている。


「僕なんか1時間かけて通勤してたのに、何、言ってるんだ・・・まあ、おじいちゃんの年金が入ってくるうちはいいけど、入って来なくなったら、帰ってこいよ、お金が勿体ない」

「まあ、しっかり働いて、2000 万円貯めたら帰ってくるわ、老後資金がないからね笑」

そう笑って受け流しておいた。


けれど、本当にそう。

今は父がいてくれるから、年金も入り、足らない時には、そこから賄うことができるが、父がいなくなったら、そういう訳にはいかない。

自宅に帰って1日中、夫の嫌味と暴言に死ぬまで堪え抜いて行かなければならないのだ。

傍目に『仲の良さそうな夫婦』なのに、夫の頭を鈍器で殴った、や首を締めたなど、老夫婦の物騒な事件が相次いでいる。


定年過ぎても、「定年が70歳まで伸びた」とか何とか言って、なるべく夫と離れたまま暮らしたい。

離れて、週末に一緒に食事するくらいがちょうどいい。


「この辺が、痛いんだよ」

そう言ってお腹を押さえた。

「腎臓が腫れてるって前言われた」

「ええ〜病院に行って診てもらい」

「僕が具合悪くなって急に倒れても、別に暮らしてたら、わかんないじゃないか」

「そうよね」


『もし病気になったら』

『家賃が無駄』


そんなことを言い、私が家に戻るように言ってくる。


夫の顔色を見なくて良くなった今の自由な暮らしを守りたい。

自分を守れるのは自分だけ。


夫にとって私はただ便利の良い使用人。


「お父さんが生きてるうちはええけどな、亡くなったら、それこそ、実家を片付けろなんて言い出すよ」

職場の経験豊富な70才のおばさんが、そう諭してくれた。


たぶんそうだろうなと私も思う。






ブログランキング・にほんブログ村へ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


 どれでもいいです♪バナーをクリックしていただけると嬉しいです♪