あすみとモラハラ夫との卒婚生活

モラハラ夫  卒婚生活 カサンドラ

給料日までまだ10日あるのにすでに秒読み


お給料日まで、まだあと10日もあるのに、私の給料口座は底をついてしまった。

息子からは20000円もらうようにしているのに、来月と再来月、結婚式が4つもあるとかで、厳しいらしく、今月は「10000円にしてくれん?」と打診があった。

薄給で私も困るが、「ボーナスで返すから」と言われたので、渋々、了解した。

父の年金は入ってきたが、何があるかわからないので、極力ひきださないようにしている。

それでも、毎月の足らないところは父の年金で賄っている。

全く、父がいなくなったらどうなるんだろう。

モラハラ夫に学費はおまえが払えっ!と言われた時に、「夜も働けばいいじゃないかふぁーふぁっふぁっふぁっ!」

と狂気じみた笑いに寒気がしたが、このままこんなマイナスな生活が続くと、夜も働かないと生活できそうにない。


モラハラ夫が早くモラハラ犬タロを連れて実家に帰ってくれたらいいのにと思うが、モラハラするのが目的の夫が私に有利に動く訳はない。


さっさと離婚して、自分の人生を歩きたいと思うが、経済力のない私はもう少し我慢して、このまま別居を続け、確たる証拠と経済力をつけなければ、それもできそうにない。


本当に変な人に捕まってしまった。

4人の子供のおかげで、実家ではできなかったこともできたから良しとしよう。


というわけで、節約生活なので、今晩は冷蔵庫にあった材料でありあわせの晩御飯。

息子は外で友達と食べてくるみたいで、ひとりご飯だから何でもいい。


明日は自宅に晩御飯を作りに帰る。憂鬱だけど、行かなければ行かないで、何をされるかわからない恐怖があるから仕方ない。

2時間以上は無理な家。


私はあの家で本当によく頑張った。






にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 


 

ランキングに参加しています

応援していただけると励みになります♪