あすみとモラハラ夫との卒婚生活

モラハラ夫  卒婚生活 カサンドラ

将来、根無し草のような暮らしになるかも知れなくて不安


父のところに晩御飯を持って行ってから、アパートにつくなり、ソファに倒れ込むように横になり、そのまま30分ほどうたた寝してしまいました。

なんか、とっても疲れてました。


自宅で暮らしている時には、仕事が終わってすぐ、3人分の買い物、ソファにもたれて座っていると、

「真っ直ぐ座れよっ!」

と、横座りしている私に容赦なく夫の檄が飛び、めんどくさいから夫から離れて仕方なく、晩御飯作り。

夫の文句を聞きながら食事、洗い物をし、周りがぬるぬるして黒ずんだ浴槽のお風呂に浸かり、夫の増毛スプレーで灰色になったタオルで身体を拭く。


心身共に疲れる家だった。

それに比べるとアパート暮らしは誰の顔色を窺うでもなく、自分のペースで暮らせて本当に有り難い。

それでも、年々、体力が落ち、昔はなんてことなかったことも、億劫に感じたりする。

f:id:hyumama:20220407183656j:plain

モラハラ夫から離れて楽になったのは確かだけど、いつまでこの暮らしが続くのだろうか。

仕事を止めればアパートを出なければならない。

アパートを出れば、もう、戻るところは自宅しかなく、夫から離れて暮らすからには、住む場所を確保しなければならない。

市営住宅は、離婚しないと入れないらしいし、漠然と、次はどうなるんだろうかと思う。


こんなになると誰が思って結婚などするだろうか。


まだ逃げられただけ、良かったが・・・。






ブログランキング・にほんブログ村へ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

 どれでもいいです♪バナーをクリックしていただけると嬉しいです♪