あすみとモラハラ夫との卒婚生活

モラハラ夫  卒婚生活 カサンドラ

大事なのは自分を大切に過ごすこと


晩御飯を作りに自宅に帰った。

今日は、この前、息子の単位取得の知らせを聞いてたからか、ご機嫌だった。

今日みたいにご機嫌だったら、普通に話しもできるし、それにこの場に子供の誰かでもいれば、ごく普通の家族っぽくなるのに・・・

そう思うと、アパート暮らしをしている私が悪者に見える。

いや、もうそういう風に考えるのは止めよう。

アパートに越してきてから、いろんなことが好転している。何より気持ちが休まる。それが1番。

ゆっくり寝られるようになった。

もう、夜中に不安を憶えて何度も目が覚めることはないし、好きなテレビも見られる。

見ている途中で勝手にチャンネルを変えられることもない。

ヌルヌルしたお風呂に入ることもない。

洗濯物が黒い粉で汚れることもない。

たくさんおかずを並べなくても誰からも文句を言われない。

夕食の買い物の時も、心臓がバクバクすることもない。

ソファに横座りしても、寝そべっても誰からも文句を言われない。

週末にサンドイッチ作りに追われることもない。

f:id:hyumama:20210912223322j:plain

家族っていったい何だろう。

毎日気持ちが摩りきれそうになりながら生活していた。

年齢が上がったらきっと良くなる。定年したらきっと大丈夫。

根拠のない理想を掲げて、(ここを乗り越えたら)(ここを辛抱したら)

でも、何も積み上げられなかった。


「自分のことを考えた方がいいですよ」

知り合いの先生が、そうアドバイスをくれた。

罪悪感はいまだつきまとうこともあるけど、自宅で夫と暮らしていた時よりも、不思議と孤独ではなくなった。

やっぱりこれが普通な感覚だ。

自分が『楽しい』ことに向かおう。

『笑う』ことに向かおう。







ブログランキング・にほんブログ村へ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

ランキングに参加しています♪応援してくださると嬉しいです♪