あすみとモラハラ夫との卒婚生活

モラハラ夫  卒婚生活 カサンドラ

モラハラに苦しんでいる福原愛さんのことが世間でどこまで理解されるだろうか


卓球の福原愛さんが、夫のモラハラで離婚するかも知れないというニュースを見ました。

f:id:hyumama:20210304172347j:plain

結婚した時には、彼が素敵なイケメンで、台湾でも有名なお金持ちさんで、幼い頃から苦労が多かった愛さんだから、本当に良かったなあと、拍手を送りたい気持ちでした。


ところが、異国の地で家族ぐるみのモラハラだなんて・・・・

頼る人は彼しかいないのに、そんな中で育児もしなければならず、孤独感でいっぱいだったことでしょう。


テレビの報道番組で、コメンテーターもさることながら、MCの恵俊明さんも

「モラハラって具体的にどんなんですか?」

と、弁護士に質問していたのを見て


やっぱりそうか・・・


と思い、考えさせられました。



セクハラやパワハラはよく耳にし、メディアにも取り上げられ、対峙する姿勢も見られるようになりましたが、『モラハラ』に対してはどうでしょうか?


何とも言葉で表現しようのない『モラハラ』

この前、弁護士に相談に行った時も、

「毎日毎日、作るものに文句を言うんです」


「文句ですかあ、でも今まで、やってきてますよね?」


(今まで、我慢できたんだからもう少し我慢したらどうですか?)


とでも言いたいような口ぶりでした。


モラハラはただの夫婦喧嘩ではありません。

日本の文化では、古くから辛抱することや、努力することが、素晴らしいと受け止められ、それができない人はだめ、みたいに見られますが、それは女性に対しての偏見や、厳しい見方のように私には思えます。


『我慢が足りない』や『辛抱が足りない』

などと言う人は、『モラルハラスメント』の本質がわかってない人たちだと思います。


辛抱が足りない、努力しなさい、そう言われて頑張っているうちに、気がついたら心身ともにボロボロになって、

(どうしてもっと早いうちになんとかできなかったんだろう)

と思うだけなんです。


そもそも、モラハラ人間のひと達はフィールドが違うんです。

今までだって反省はないし、いけないことをしても謝らない。

自分達のしたことについては

「そんなことくらいで」「ちょっとくらいのことで」

と、言い、ターゲットに対しては、重箱の隅をつつくみたいにあげ足を取り、しつこく糾弾するんです。


『お互い様』ではないんです。

こんなに嫌で苦しい思いをしているのに、悪いのは何故か我慢している私になってしまうんです。


福原愛さんはまだ若いので、いくらでも人生やり直せます。


今『モラハラ』に悩んでいる若い人達には特に早く離れるように言いたいです。

モラハラは治りません。

フィールドの違う人達の集まりで、早く抜け出すことです。


福原愛さんの幸せを願います。

そして、横浜で、デートしていたということが面白ろ、可笑しく取り上げられないで欲しいです。













にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 
 ランキングに参加しています♪

応援してくださると励みになります♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ