あすみとモラハラ夫との卒婚生活

モラハラ夫  卒婚 ひとり暮らし

私もカサンドラ妻


市役所に夫の印鑑証明を取りに行くのに、自宅にカードを取りに行った。

玄関に入るなり、なんか、異様な匂いが漂う。

 

晩御飯を食べにくる息子も「家が臭い」と言っていた。

とりあえず、シンクの中は朝の茶碗が浸かっているくらい。どこから匂ってるんだろうかと思ったが、もう、これは、暴風雨の時に、タロを入れてやった後の絨毯にしみついた匂いや、汗をかいたまま、ソファで寝転んでクッションやカバーなどに染み込んだ布全体から匂ってくるものとわかった。

 

家にいる時には窓も開け放ち、クッションを干し、ソファカバーやクッションカバーも洗濯機で回した。

 

その洗濯機も、たぶん汚い。

夫の増毛スプレーで、微粒子の粉がつまり、1ヶ月に1回ヘドロのようなものがパイプの中から出てくる。

 

休みの日には、そんな家じゅうの掃除で1日が終わり、また仕事の朝が来る・・・そんな出口のない螺旋階段を昇り下りしているような生活だった。

 

漠然と、こんな生活がいつまで続くのか、死ぬまでこんな生活かも知れないと、休むはずの家で、休めない毎日に、心底疲れきっていた。

 

どうやら、NHKの朝イチで、コロナ禍で増える夫婦の問題を取り上げていたらしい。

 

www1.nhk.or.jp

 もう、1ヶ月も前のようだ。

時々見ているいぬころ子さんのブログでこのことを知った。↓↓↓

ameblo.jp

 いぬころ子さんのプロフィールを読んだら、私の思いと全く同じだったので、あえてリンクさせていただいた。

profile.ameba.jp

 悩んでいる人がいっぱい。


外で見せる顔と家の中で見せる夫の顔の全く違うこと。さらに、そんな夫の方が周囲に、圧倒的に信頼されていることなどから、奥さんが孤立してしまうこと。


いぬころ子さんも、訴えておられるように、今から結婚を考えている若い人達には、モラルハラスメントの特徴をよく勉強してもらい、人生を辛いものとさせないようにしてもらいたいです。

『カサンドラ』とは↓

カサンドラも結婚当初は、男女の違いや生家の文化の違いがあるから仕方がないとか、あるいはちょっと変わっている人として夫をとらえているので、コミュニケーションの問題はそれほど意識されない。 妻がカサンドラ症候群の場合であれば、暮らしていくうちに、妻が「普通」に期待する、人を気遣ったり心配したり、思いやったりする言葉があまりないことに遭遇する。妻が意図したこととまったく違う意味で物事を考えていることが、小さな驚きとともに妻の心に積もっていく。 結婚してしばらくすると、夫婦として一緒に考えなければならないライフイベント(転居や出産など、人生で起こる変化や出来事)が起こる。これをきっかけに、二人の気持ちの擦れ違いや、コミュニケーションの難しさが顕在化する。夫婦の間に共通の枠組み(妻から見ての「常識」)がないことに気づく瞬間だと言える[84]

f:id:hyumama:20210322192120j:plain

無理を感じたら、とりあえず距離を置くこと。


今、私は心身共に、楽になりました。

今からでも遅くはない、自分の人生を楽しいものにしたいです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 
 ランキングに参加しています♪

応援してくださると励みになります♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ