あすみとモラハラ夫との卒婚生活

モラハラ夫  卒婚生活 カサンドラ

自宅奪還計画《3》考えるだけで疲れてきた 閲覧注意写真あり


夫、帰省中で凶暴犬タロと留守番

孫ちゃん迎える構想で、お姑さんのこともあって夫にはタロを連れて実家に帰ってほしいと思っているのですが・・・。


蛾が舞い、夫の増毛スプレーで床がネチャネチャするこの家を業者に入ってもらって掃除するのは大・大・大前提と思っているのですが・・・。


留守番だけでもとにかく疲れる。

どうしてかなあと考えると、やっぱり家が汚いから寛がず落ち着かないからです。

家で暮らしていた時には、居心地を良くしたいと、掃除しようとすると、夫が不機嫌になったりして思うように捗らなかったですね。

思うようにできないことに疲れてしまうんです。


アパート暮らしの掃除はクィッルワイパーで床掃除をすること5分。

お風呂は後に入った人が掃除する。

トイレも5分とかからずに終わります。快適!


それなのに、この自宅。

チャンネルひとつとってもこんな感じ

増毛スプレーの粉がそこら中に付着

歯ブラシに洗剤をつけて磨いてみました

↓↓↓↓

黒い霧のような粉は一度、空気中に舞い上がり、空気中の埃を吸着しながら、面という面にひっつくんです。

床は真っ黒け

床はよくわかりますが、とにかく全てが黒っぽい。

洗濯物も黒い。

洗濯機の中に溶けない黒い粉あるからです。

床やお風呂場などは業者に任せるとしても、チャンネルみたいな小さい物ひとつひとつ、全てゴシゴシ磨かないと元の状態に戻らないことを考えると、途方に暮れます。


和室の縁側には、夫の洋服が増えてます。

どうして?

出かけるのは買い物と、タロの散歩、月に1度、帰省するくらいなのに。

反対側は

和室のすみには

玄関からすぐのクローゼットには

2階のクローゼット

寝室にも溢れてます

どうして、こんなに洋服が増えるのでしょうか

お姑も義姉も、実母も、物で溢れてました。

たぶん【満足】というのがないんです。

探すことも苦手なので、探し出せないとすぐに買ってくるんです。

ソックスは73足あります。


もしお姑のところにタロを連れて帰ってくれたら、この洋服も全部持ってって欲しいです。

管理できません。

この数は普通でしょうか?


こんなことを疑問に思う時間も疲れます。

何でこんなに汚い?何でこんなに物が多い?何で蛾が舞う?何で黒い?

快適な自宅に戻すのもひと苦労しそうです。











にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 
 

ランキングに参加しています

応援していただけると励みになります♪