あすみとモラハラ夫との卒婚生活

モラハラ夫  卒婚 ひとり暮らし

また歯が折れた


アパートに引っ越してから、見たいテレビを見、好きな時にスマホをつつき、決して豪華とはいえない食事を息子と「美味しいね♪」といただく。

寝たい時にニトリで買ったソファに横になり、つるつるしたお風呂に入り、柔軟剤のいい匂いの白いタオルに顔を埋める。


何にもストレスがなくなったけど、また歯が折れた。


入れ歯を支えていた奥歯。

入れ歯を入れる時からドクターが「うーん」とちょっと不安気だった。

ドクターが気の毒に思っただろうけど、もう何も感じない。

昨年4本も次々、割れたり折れたり。

治療も時間がかかり、五十肩で痛めていた肩で、診療台に乗っているのも苦痛だった。


今はアパート暮らし。入れ歯でもご飯は美味しく食べられる。

いつどのタイミングで夫に文句を言われるか、身構えなくてもいいし、顔色を窺うこともない。

自由で幸せ。


折れた奥歯のところはまた治療してしっかり噛めるようにするそうだ。

歯医者からの帰りに虹を見た。

f:id:hyumama:20210517200013j:plain

虹を見た時にはきっと良い知らせがあるという。


とにもかくにも、モラハラ夫から離れてアパート暮らし、心身共に安心、安全、これが1番。


本当にありがたい。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

 

ランキングに参加しています。

皆さんのご訪問が励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ