あすみとモラハラ夫との卒婚生活

モラハラ夫  卒婚 ひとり暮らし

モラハラ夫 「そんなことを言った覚えはない!」


 昨日、晩御飯を作りに自宅に帰ったときのモラハラ夫と私の会話。

 

もともと4人兄弟の中で1番 夫と反りが合わなかった息子のこと。

「あいつ、家を出てくときに何も言わんから、出ていくんならちゃんと言って行け!って言ったら、『朝ご飯と洗濯をありがとう』って言って出てったよ、全く!黙って出て行こうとするからな」

憤懣やるせない様子の夫に聞いてみたのだ。

「出てけ!って言ったのはお父さんの方でしょ?」

そうすると、夫は

「俺は出てけなんて、ひと言も言ってない!そんなことを言った覚えはない!」

 

・・・・・・モラハラあるあるですね

 

夫とは別人格の人が言ったことか、或は、都合の悪いことは、記憶から消されるか。

 

私にも

「学費はおまえが払え!夜も働け!」

そう言ってしばらくの間、ご飯の文句以外はしばらく私のことは無視でした。

 

その間、金策に奔走して身体を壊してしまいました。「(2020年3月に)会社を止めるからな!」とずっと言っていたのに、こんなことがありました。

www.hyumama.com

 私に放った暴言は記憶から消されているのです。

そしていつものことで、

「あなたはあの時、○○こう言ったじゃないの!」と訴えると、全く記憶から消されている夫は

「そんなことをいつまでも覚えているおまえの根性が悪い!」

などと言って、暴言をはかれた私の方が悪くなってしまうのです。

 昨日、アパートに帰ってから、息子にも聞いてみました。

「お父さん出てけなんてひと言も言ってないってよ」

「出てけって言われなかったら出ていかないよ、ずっと出たいとは思ってたけど」


モラハラ夫の「出てけ!」が引き金になってアパートにやってきたのは間違いなさそう。

f:id:hyumama:20210429142340j:plain


「あいつと暮らすのは大変だぞ、タオル何枚も使うし、休日の朝はいつまでも寝てるし」


息子がアパートにやってきて晩御飯を作る量は確かに増えましたが、大変と思ったことはありません。茶碗の洗い物をしてくれたり、お風呂も最後に使った人がお風呂場を掃除すると決めて、落ちた髪の毛などもきちんと捨ててくれるし、何と言っても、作った晩御飯に「美味しい」と食べてくれるのが1番安らぐ時間となりました。

自宅のご飯時には、何にも言わずに食べてさっさと自分の部屋に上がっていき、

「あいつは難しいやつだ」

と夫に言われていましたね。

アパートではよく笑い、よく喋っている。

そんな息子の姿を見るだけでも、こちらに引っ越してきて良かったと心底 安堵しています。



 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


 

 ランキングに参加しています♪

読者登録もよろしくお願いいたします♪

あすみとモラハラ夫との卒婚生活 - にほんブログ村