あすみとモラハラ夫との卒婚生活

モラハラ夫  卒婚生活 カサンドラ

向かっている方向は間違いない


とりあえず、婚姻費用請求は出してきたけど、これからの事を考えると正直、気が滅入る。

 

モラハラ夫とすんなりと離婚できるだろうか。

 

お金に渋い人なので、『自分の年金!』と思ってる人が、その中から、『部下』に或いは『使用人』に、『家政婦』に、そのうちのいくらかを支払わなければならないとなると、めっちゃくちゃ腹が立つに違いない。

そしたらどうなるかな?

すごい文句を言ってくるか、すぐに離婚と言ってくるか、そうなると財産分与をしなければならなくなる。

離婚に応じなければ、調停になるだろうが、のらりくらり調停を続ける間も、婚姻費用は払い続けないといけなくなる。

 

婚姻費用を払うのが嫌で離婚を言い出すモラハラ夫が多いそうだ。

 

私は一応、このパターンを希望している。

65歳定年後に住む家がないのはとても困るからだ。それに娘が子供を連れて里帰りするにも、家がなくては困るだろう。

 

婚姻費用の支払いを免れたいために、

「自宅を財産分与としてやるから」

と夫が言うのを待つつもり。

すんなりそうなればいいけれど。

自宅奪還になったらなったで、自宅を維持できるかが問題。

離婚するということは、車の維持費なども全て自分で賄わなければならないという事。

自動車保険、車検代、税金、固定資産税等など。

父が生きているうちはいいが、亡くなってしまった時に、月12万そこらの派遣社員のお給料で生活できるだろうか。

 

離婚さえすれば、ポジティブに生きられるかな。

今までだって、ほとんどひとりで乗り越えてきたんだから。

楽しくなることを考えよう。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 


 

ランキングに参加しています

応援していただけると励みになります♪