あすみとモラハラ夫との卒婚生活

モラハラ夫  卒婚生活 カサンドラ

夫婦間の危険信号はこの2つ


娘が入籍報告で、昨日、彼氏と一緒に帰ってきたので、私も自宅に戻った。

3つ年下の彼は、きっと、朗らかで温かなご両親に育てられたんだろうなあと、容易に想像ができる。

「(ご両親)いつも穏やかでいつもニコニコ笑ってる感じ」

その後、小さな声で

「うちのお父さんと全然ちがう」

と、洗面所で顔を洗っていた夫を見やって、目で合図を送ってきた。

ジャバジャバと水道から流れる音で、夫には聞こえなかったが、夫婦が離れ離れに暮らし、また何事もなく、自宅に皆が集まり、談笑している夫婦に、彼が何か理由があるのかもと知るのも、きっと時間の問題だろう。


そんな時、お昼の上沼恵美子さんの番組で気になる男のその後をやっていた。

みんな注目の、小室圭さんのニューヨーク生活や、清原さんの話題など。

その後『夫婦間の危険信号』という話題に。

これはソファの端に座っている夫とは一緒に見ない方がいいかも、と思いながら、席を立つのもわざとらしいのでそのまま見ていたら、『夫婦間の危険信号』は2つ。

●臭いにおい

●引っ越し

夫の匂いに耐えきれず、夫のことが嫌いになってしまうや、もう離れて暮らすことを選択して、奥さんが引っ越してしまう等。

みんなで一緒にテレビを見ていたので、もう笑うしかなかったが、冗談ぼく、

「ほらほら、引っ越しだってよ(笑)」

そう言って笑ってごまかした。


微妙な笑みを夫は浮かべた。


1週間に1度しか洗わないタオルが異臭を放っていることは、息子達も、私も、何度となく伝えてきた。

水を垂らすだけのぬるぬるしたお風呂の湯船のことも。

その度に、夫は不機嫌になって

「いちいちうるさいっ!」

と怒鳴った。

仕事をしながら、帰ると寝るまで家事に追われ、1日の休息もぬるぬるしたお風呂と臭いタオルでは、少しも安らがなかった。

限界を感じて、引っ越し、アパート暮らし。

夫には

「朝が早いし、働かないと老後の資金かないから」

と伝えている。

本音は言ってないし、言っても伝わらない。


ところが、奥さんが『引っ越すのは夫婦の危険信号』というテレビ番組を見たからか、

娘がお昼で帰っていった後に、お雛様を片付けていると、

「納戸に持っていくのがあったら手伝うからね」

そう言ったからびっくりした。

今までだって、何度頼んだことか。

その度に

「んあー?」

と誰に向かって言ってるんだとばかりの態度で、

「子供にやらせろっ」

と、いつ戻るかわからない息子達の帰りを待つかしかなかった。


私の伝えてきた事はまるっきり伝わらなかったが、テレビの報道は伝わっているようだった。

「あらそう、ありがとうね」

そう言って中2階にある納戸に荷物を運ぶこと、数回。

いよいよ、スチール製の骨組みを入れた長細くて重たい箱を

「これお願いします」

と、かなり重たかったみたいでブツブツ言っていた。

「出す時は、全部ひとりで運んだんだけど?」


自宅をたたんで父をこちらに呼び寄せた時の引っ越し荷物も、ただの1つも運んではくれなかった夫。


それを考えたら、まあ、今日は大進歩だけど、もう、今さらという思いになる。

f:id:hyumama:20220313191559j:plain


何というお花でしょう

ママ友からいただいたお花、アパートの下駄箱の上に飾ってみました。


ブログランキング・にほんブログ村へ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


 どれでもいいです♪バナーをクリックしていただけると嬉しいです♪