あすみとモラハラ夫との卒婚生活

モラハラ夫  卒婚生活 カサンドラ

モラハラ夫 息子にもモラハラ


内定した会社から健康診断を受けるように言われた息子。

地元の病院に予約を取りに行き、今日、朝から健康診断のため病院に赴いた。

この病院がまた街から離れた山の上にある。なかなかの山道だ。

自宅から歩いていけないわけではないが、昇り降りを繰り返して往復1時間というところだろう。

 

検診は午前中でほぼ終わる。帰りに店に立ち寄ってくれた。病院の規模にしては少々、駐車場が狭く

「車、止められた?」

と聞いたら、息子は歩いて行ったというのだ。

「えええ〜?何で?お父さんの車借りれんかったの?」

「なんか朝、病院に行くから使わんでくれって言われて、歩いて行った」

若い子だから山坂でも歩いて行けない距離じゃない。

でも、前持って予約をしていて、決まった時間もある。朝になって車を使えないとわかったら支度なども少し焦っただろう。

それに、モラハラ夫の方が急に予定を変更したのなら、山の上の病院まで5、6分、送っていけないこともないはずだ。

これは

〘モラルハラスメント〙

急に予定を変えて相手を困らせる。

 夫の病院など、薬をもらうぐらい昼からでも十分行ける。仕事しているわけじゃなし。

www.hyumama.com

 私が「その日出かけたいんだけど」と言うと「ふんふん」と曖昧な返事をしておいて、出かける日が近づくと

「その日は予定がある、俺が優先だ」

と言う。

出かけようとすると、

「家の窓を全部拭いてからいけよ」

「庭の雑草を抜いてからにして」


相手がある約束事に、気持よく

「行ってらっしゃい」

とモラハラ夫は言えず、ハラスメントで困ったり怒ったりするのを楽しんでいる。

 

 車を自由に使えないことが、息子にとって1番のストレスとなることをモラハラ夫はよく知っている。


自宅を出ていくまで約2ヶ月の間、息子は夫からどんなモラハラを受けるだろうか。


自宅を出てアパートに来るつもりだった息子だが、「病名がつきそうなキレ方」に父親のことが心配になり、しばらく自宅とアパートを行ったり来たりして様子を見たいと言って、昨日も自宅に戻って行った。

f:id:hyumama:20220204182742j:plain


ブログランキング・にほんブログ村へ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ



 どれでもいいです♪バナーをクリックしていただけると嬉しいです♪