あすみとモラハラ夫との13000日

毒親育ち モラハラ夫 エッセイブログ

モラハラ母のいた家 リゾートホテル編

スポンサーリンク

できたばかりのリゾートホテルは、室内プールや劇場、結婚式場もあり、その頃、よくテレビでも宣伝されていたホテル。
(わあ~こんなところ行ってみたいなあ~)
と、テレビに釘付けになりました。

f:id:hyumama:20200224170725j:plain

真理ちゃんや恭子ちゃんやアッコちゃん、中学にあがるとなかなか集まれないだろうと、進学する前に、このできたばかりのリゾートホテルにお泊まりしようということになったのです。

真理ちゃん達はひとつ年上、兄と同じ学年です。小さい頃は兄もよく一緒に遊びましたが、さすがに高学年ともなると、

「僕はいいわ」

と兄は遠慮しました。が、私は行く気まんまんです。
そもそも、ひとつ歳は上でもいつも一緒に遊んでいた仲のいいお友達です。アッコちゃんのところも、歳が下の姉妹の智美ちゃんやよっちゃんも行くのです。

みんなでお泊まりなんて想像しただけで、ワクワクします。本当に楽しそうです。

「私も行く行く~」

今までも家族で旅行なんて、お盆やお彼岸で、両親の田舎にお墓参りにいくぐらいしか行ったことがありません。
一晩泊まって、従兄弟たちと遊ぶだけでも楽しかったですが、お友達と旅行なんて行ったことありません。

「ねえねえ、みんな行くんでしょ、私も行く~」
「連れてって~」

何も返事がないまま、計画自体がなくなったのかなあと思っていたら、

「今回は2人ともお留守番ね」

母に何度もお願いしたけど、連れてってはくれませんでしたし、母も行かないと思っていたのに、母だけはちゃっかりリゾートホテルに行ったのです。



本当にがっかりしました。
「ホテルはどんなだった?」
と聞いても、
「なんてことはなかったよ」

と答えるだけ。本当はママ友達と飲んだり食べたり、お洒落して楽しいことばかりだったはず。
それを悟られまいとしたのでしょう。

「何で弘くんやあすみちゃんは来ないの?」

と聞かれたそうです。

聞くでしょうね、みんな子供連れなのに、自分のところだけ、お母さんだけなんて。

「用事があったのよ」

何の用事?って思いますよね。

こんなふうに、実家では、

「勉強しなさい!」

「お手伝いをしなさい!」

「口ごたえをしない!」

と子供に対する要求はたくさんでしたが、子供が楽しいことは、ことごとく却下されて、我慢を強いられたり、辛抱したりの繰り返しで、長く繰り返されるうちに、親に反抗することができない、親に期待をしないような子供になって行ったのです。

でも、子供だから楽しくなくても、嫌でも家を出ていくわけにはいきません。
生活そのものを親に委ねられているのですから、学校にとりあえず行くためには、親のご機嫌を損ねるわけにはいきません。


私が嫌なことがあっても、『おかしいな』『理不尽だな』と思っても、辛抱し、我慢し続ける気質になってしまったのは、こんなモラハラな母に育てられたからだと思います。