あすみとモラハラ夫との卒婚生活

モラハラ夫  卒婚生活 カサンドラ

モラハラ夫の寿命


今日は息子から『晩御飯いらない』のLINEがあり、思いっきり手抜きになってしまった。

お惣菜を買ってきた。

お惣菜を買うのは1年に2.3回くらいだろうか。

たまにはいいよね こんなことができるのもアパート暮らしだから♪

子供達がいるわけじゃなし、私、ひとり、文句を言われない晩御飯なら何食べても美味しい♪


この前、かかりつけ医に頼んで大きな病院に紹介状を書いてもらい、検査をしてもらった夫。

今すぐどうにかしなければならないものでもなさそうと言われていたが、今月中にやっぱり手術で取り除くことになった。

看護師をしているママ友に聞いたら

「そりゃ、取った方がいい、癌化したら怖いしね」

と言われた。


大酒飲みで食事もお腹いっぱいになるまで食べる夫が前日から検査食だけで、それだけでどっと疲れたみたいで、末期癌を宣告されたような顔をしていた。


摘出手術では、それをまたしなくてはいけなくてかなり疲れるようだけど、これが癌となると、転移してるんじゃないかとか、手術だけで、取り切れなくて放射線治療になるんじゃないかという不安を考えると、早く見つかって良かったと思う。


モラハラを受け続けた夫との生活。

長く結婚生活をしていれば、諍いや喧嘩も普通に起こりえるだろう。

「もし今目の前で夫が○んだとしても大笑いしてやるわ~」

そんな冗談を言い大笑いしたママ友を思い出したが、実際、目の前で夫が○んだら気持ちは千々に乱れそうだ。


人は病気で死ぬのではない

人は寿命で死ぬ。


亡くなった母の言ってたこと。

この世で自分の役割を終えたら、向こうからお迎えがやってくるのだそう。


それを考えると、お姑を見送り、タロのめんどうを見、まだ見ぬ孫ちゃんの世話など、やらなきゃならないことは盛りだくさんで、夫にはまだまだ元気でいてもらわなくてはと思う。






にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 
 

ランキングに参加しています

応援していただけると励みになります♪