あすみとモラハラ夫との卒婚生活

モラハラ夫  卒婚生活 カサンドラ

暗黒時代 


今日は息子が夕飯いらないとLINEしてきた。

とくに力を入れてはないが、いらないとなると、ひとりだったら何でもいいので気が楽だ。


夫と暮らしていた時には、買い物の時からすでにドキドキしていた。

(今日は何を作れば怒らないだろうか)

(取り合わせはいいだろうか)

(グラムいくらか聞かれたらすぐに答えられるようにしなくては)

今はそんなこと考えなくていい。

好きなものを、食べたいものをグラム計算せずに買えばいい。

あの環境が普通じゃなかったのに、

「我慢が足りない」

「あすみさんは幸せよ」

お姑に何度そう言われたことだろう。


全く噛み合わない夫と夫の家族。

そんな中でも、4人の子供達が、自立するまで頑張ってきたんだから、もう、自分のことを考えていいんだ。自分を大切にしよう。


同僚とお昼におしゃべり。

4人子供がいるというのが共通項。

私より一回り若い彼女は、末っ子がまだ小学生だから、まだあと10年はある。

大学で家を出た長男には厳しくあたったらしい。

「上の子は子育てやり直したい。厳しく言うばかりでね、もっと遊んであげたら良かった」

それは私も一緒よと伝えた。


みんな『お母さん』をするのははじめて。

言うとおりにならない娘に辛く当たった。

可哀想に。

「今だったらもっとおおらかに接することができるのになあ~下の子なんか、全然怒らんかったわあ」


ひとり目、ふたり目と子育てするうちに、なんとなく(こんなもんか)とお母さんの方にも余裕が生まれる。

私も下の子には甘かったし、また、下の息子も、兄弟を見ながら学習してるからか、あまり手を煩わせることもなかった。


4人の過酷な子育てに加えて、どこで、爆発するかわからない夫のご機嫌をとる。

朝から夫が苛立たないよう、子供を公園で遊ばせていても、頭の中は晩御飯のメニューでいっぱいになっていた。

4人も子供がいるのに、夫はただの一度も寝かせつけをしたこともなければ、絵本を開くこともしなかった。

私が寝かせ付けをしている間、茶碗のひとつも洗ってはくれなかった。

子供を寝かせる前に自分自身が寝落ちして、夜中の3時頃に目が覚め、それからたまった洗いものをし、それから冷えきったお風呂に入った。

子育てはどうしてこんなに過酷なんだろう。

すり減りそうになった。

「もう少し、協力してもらえん?」

夫に絞り出すようにそう伝えると、返ってくる言葉が

「おふくろを呼んであげようか」

だった。

何も言えなくなった。


お姑は遊びに来ると確かによく手伝ってくれたが、それは一時的なこと。

「お袋を呼んであげようか」は「僕はしないよ」と言ってるのと同じだった。

お姑に夫にもっと協力してほしいことを伝えると、

「まあ、幸司は1日中仕事して帰ってきてるのよっ、1日家にいるんだからあすみさんがしなくちゃ」

子育てに光は見えなかった。


それでも、明るい子供達の笑顔に助けられたのも事実。

(頑張らないと)

(ここを乗り越えたら)

そんな気持ちの繰り返し。

夫は大企業の管理職として大事な立場。

「あすみさんがやらなくちゃ」

と言うお姑の言葉がずっと私の心に重石のようにのしかかった。


1日中、夫の晩御飯のメニューを考えるんじゃなくて、もっと子供の話し相手になってやれば良かった。

「子育てやり直したい」

と言った同僚と気持ちは同じだった。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 
 

ランキングに参加しています

応援していただけると励みになります♪