あすみとモラハラ夫との13000日

毒親育ち モラハラ夫 エッセイブログ

息子から夫へ 夜中かかってきた電話


夫が洗面所の前で、髪を整えながらいう。

「昨日、直也から夜中に電話がかかってきてねえ」


どうしたんだろうか、怪我でもしたんだろうか、熱でも出たんだろうかと一瞬思った。

息子はコロナ禍で、就活中。


1流企業にエントリーしたら、たまたま引っ掛かり、研修に出てみないかと声がかかり、トントン拍子で研修に参加。

ところが、周りの学生達のレベルが高すぎて自分の程度を思い知ったらしい。

f:id:hyumama:20200910133206j:plain

お金がなくなった、みたいな相談は私にしてくる息子だけど、就職の相談は夫。


この前から夫に何度か電話がかかっていた。聞くとはなしに電話の内容を聞いていると、夫は企業人として、様々なアドバイスをして、なんとか息子が研修を終えたらしい。

昨日はその最終日だったのだろう。


「今まで、お父さんのことは特に何とも思わんかったけど、今回 研修に出て、お父さんって凄い人やったんやなあってはじめてわかったよ、尊敬するわ」


夫は嬉しそうだった。


夫は外では、頭も低く穏やか。誰が見ても、「本当にいいご主人」

と、言われてきた。

息子もコロナ禍の中、厳しい就活を経験して、あらためて企業人として勤めてきた夫に、尊敬の念を新たにしたのだろう。


だからこそ、私は残念でならない。


4人の子供達は、私達夫婦がとても仲の良い両親と思っている。

私だって、コロコロ機嫌の変わる夫をかわしてここまでやってきた。

世間では、私が夫の悩みをこぼしたところで、

「あなたもいけなかったんじゃないの?」


お姑には

「仕事をしているのよ?もっと思いやりを持ってあげてちょうだいよ」

と言われるだけだった。

(私がいけないのかな)(私の努力が足りないのかな)

そんなことを考えながらここまで来てしまったが

「大学の学費はおまえが払え!」


これにはもう、私の努力で果たせることではなく、今から残された人生も、きっとこんな風に、無理難題をぶつけてくるんだろうなと思ったら、疑心暗鬼でいっぱいになってしまった。

でも、夫は機嫌がコロコロ変わる。

良いときは本当に穏やかで知識も豊富で話していても面白いが、一旦不機嫌モードになると、恐ろしく激昂する。



尊敬しているお父さんのことを、何があるかわからないとブログに綴っていることを知ったら、子供達は悲しむかも知れないし、私のことも信じられないと、嫌いになってしまうかも知れないなあ。

その時は心から子供達に謝ろう


たくさんの共感できるブログに会えます

こちらからどうぞ

⬇️⬇️⬇️⬇️

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村