あすみとモラハラ夫との卒婚生活

モラハラ夫  卒婚 ひとり暮らし

92歳の父に学ぶ元気の秘訣6ヶ条


明日の天気が全国的に崩れそうなので、明日の夕食用に父のところへおかずを持って行った。


昨日の夜のうちに作っておいた、豚バラ肉と大根の煮物と、ニラの卵とじ。


息子が今から食べにくる。

魚の好きな息子に真サバの生姜煮を作ったけど、濃い煮汁を作りたいとギリギリまで火にかけておいたせいで、ちょっと洗面所に行ってる間に少し焦がしてしまった。

匂いが気になるなあ(。>д<)


珍しい鯨のお刺身も買ってきたから、そちらでカバーしよう。


¥640だった。

こんな食材を買っていたら破産してしまう。ちょっと締めなければ(>_<)

息子に¥10000はもらう予定。


買い物を済ませてから父のところへ行ったので、5時半を回ってしまった。


父は4時には夕飯を食べ、5時には寝てしまう。

マンションの入り口で呼び出しのチャイムを鳴らしたが、案の定、出て来なかった。

もう寝床に入ってると思って、勝手に手持ちの鍵を開けてエレベーターに乗る。


玄関扉も閉まっている。ちょっと遅かったなと思いながら鍵を開けて入ると、何やらお風呂場でガンガン音がしている。

まだお風呂に入ってるのかと思って、お風呂場に続く脱衣所で

「おじいちゃん!」

と話かけると、アコーディオンの扉を開けて顔を覗かせた。


「お風呂入っとったの?明日、暴風雨って聞いたからさ、おかずを持ってきたよ」

そういうと、

「ああ、そりゃあ、ありがとうよ!」


タッパーの容器にいれたおかずを小さなテーブルに置いた。

明日は母の月命日。


(ひとり暮らしをありがとう)


そう母のご仏壇にお線香をあげて拝んでいる間もガンガン、ゴシゴシとお風呂場から音がする。


掃除好きの父が、お風呂からあがると湯船だけじゃなく、こうしてお風呂の壁も棒のついたタワシでゴシゴシ磨くのが、もうずっと習慣になっているのだ。

御年 92才


父はとっても元気だ。


父の元気の秘訣を聞いたことがある。


●食事は腹8分目

●粗食(脂ものや糖分は極力とらない)

●歩く  定年後、毎日4~5キロ歩いていたが、最近は半分くらいかな

●規律正しい生活

●頭を使う(囲碁、将棋)

●薬を飲まない


だそうだ。病気になった時には薬を飲むが、病院嫌いの父は病気にならないように気をつけている。そして若い頃から薬を口にしない主義を通している。


「薬は適量で薬、過ぎると毒」

と言っている。


これらを徹底して生活しているせいか、見た感じも若い。

ちょっと背中が丸くなったかなあとは思うが、歩く早さは6、70歳の人とあまり変わらない。


父が元気で本当に有難い。


f:id:hyumama:20210301202542j:plain

息子が、またここで晩御飯を食べて帰って行った。

笑ってよくしゃべった。


自宅で見ていた息子とは別人のようだった。







にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 
 ランキングに参加しています♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ