あすみとモラハラ夫との卒婚生活

モラハラ夫  卒婚生活 カサンドラ

ゼレンスキー大統領の演説を聞いて


アパートで同居の息子が、晩御飯はいらないと言ったので、今日はこれ↓↓↓ 

f:id:hyumama:20220323183737j:plain

どうしてもトマトソース系のパスタが食べたくなり、珍しくレトルトを買ってきた。

サラダはできあいのシーザーズサラダ。

f:id:hyumama:20220323183935j:plain

トマトソース系の辛いのが食べたくなったので、アラビータ。

食べる前は(どうかなあ~)と思ったけど、好みに近づけて少しケチャップを足し、バジルソーセージを入れたら、とても美味しかった。

最近のレトルト食品はよく研究されてるなあと思った。


夫と結婚してから晩御飯にトマトソース系のパスタが出たことはたぶん1度もない。

いや、トマトソースであろうが、ホワイトソース系であろうが、1度もない。

夫曰く、「それは昼に食べるもの」らしい。

休日のお昼ごはんにはよくしたかなと思う。

でも、家族が多かったので、レトルトを人数分買うと不経済になるので、いちから手作り。

麺を茹でる量も多かったし、なんか、忙しいばかりで、美味しかったのかどうかあまり覚えてない。

とにかく、何を作っても夫は文句しか言わなかったので、夫と一緒に食べるのは本当にストレスだった。


今日はゼレンスキー大統領の演説の時間に間に合わせて作り、テレビを見ながら食べた。


駐日大使館員がゼレンスキー大統領の演説を同時通訳していたが、残念なことに、少し聞きづらかった感がある。

男性の声の方が良かったのかな?また後で編集し直すかも知れないので、もう1度じっくり見てみたいと思う。


こんな気狂いの独裁者のせいで、日常を奪われた一般市民のことを考えると、心が痛くなる。

これは対岸の火事ではない。

日本もロシアは隣国であることに変わりない。

この前、海峡を何隻かのロシア船が通行していたと知り、本当にゾッとした。

気狂いの独裁者は、何をするかわからない。

世界でただひとつの被爆国である日本が、今、政治的に世界を牽引していくことの重要性を感じている。


破壊されたウクライナの街々を見ていて、継続的な支援が必要とも思う。

私達にできることは何か考えてみたい。










ブログランキング・にほんブログ村へ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


 どれでもいいです♪バナーをクリックしていただけると嬉しいです♪